桜井玲香、乃木坂10周年の節目に単独初主演 現役メンバーを客観視して「かわいいな」

桜井玲香、乃木坂10周年の節目に単独初主演 現役メンバーを客観視して「かわいいな」

  元乃木坂46で俳優の桜井玲香(28)が23日、都内で行われたミュージカル『DOROTHY~オズの魔法使い~』囲み会見に参加した。



【写真】美味しそう!桜井玲香の誕生日祝いのデザートも登場



 先日、キャプテンを務めた乃木坂46が10周年を迎えたが、そんな記念すべき節目の年に、舞台単独初主演を担う桜井は「グループが10周年ということはこの世界に入って10年目の年になる。こうやって絶対に入らないと思っていたミュージカルの世界で主演させてもらえるとは10年前は思ってなかったので気を引き締めなければ」と心境を明かした。



 また現在のグループについては「卒業して時間が経って客観的にみれるようになって改めてかわいいなって思えるようになってみています」と目を細めた。



 1900年に児童文学として誕生し、今なお世界中で読みつがれるライマン・フランク・ボームの童話をもとにした現代の大人へ贈る魔法の国の物語。都会の大学生でオーケストラ部のコンサートマスターを務めるドロシーは楽団員との衝突をきっかけにヴァイオリンを封印しようとする。すると異世界・音楽の都「OZの王国」に迷い込んで…。



 この日は共演の蒼井翔太、鈴木勝吾、作・演出の田尾下哲氏、作曲・音楽監督の宮川彬良氏も参加した。桜井は「この年齢となってドロシーを演じる機会をいただいたのは光栄。ビジュアル撮影は恥ずかしいなと思いながらも、世界中で愛されるストーリーなので、しっかりと届くように演じさせていただいたら」と意気込み。



 さらに、16日に28歳の誕生日を迎えたということで宮川氏がバースデーソングを演奏。また、翌17日は原作の『オズの魔法使い』の出版日だということで、このために用意されたオリジナルデザートを前に、思わず破顔した桜井は「ドロシーが17日に生まれたのを初めて知って運命だと思えましたし、28歳になって最初の作品になるので成長した姿をお見せできるように頑張りたいです」と喜んでいた。
カテゴリ