日曜劇場『オールドルーキー』岡崎紗絵“筋肉フェチ”な社長秘書役「希望あふれる作品の一員に」

日曜劇場『オールドルーキー』岡崎紗絵“筋肉フェチ”な社長秘書役「希望あふれる作品の一員に」

 俳優の綾野剛が主演を務める、TBS系日曜劇場『オールドルーキー』(7月スタート 毎週日曜 後9:00)の追加キャストとして岡崎紗絵の出演が決定した。



【写真】元サッカー日本代表を演じる…主演の綾野剛



 本作は、現役を引退したサッカー元日本代表の主人公・新町亮太郎が、さまざまな挫折を経て出会ったスポーツマネージメント会社「ビクトリー」でセカンドキャリアを歩むヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。



 岡崎が演じるのは、若いながらも「ビクトリー」の社長が絶大な信頼を置く凄腕社長秘書・真崎かほり(まざき・かおり)。真崎は夜な夜な飲み会を開いては優しい言葉を投げかけることから、社員たちにとって“女神”のような存在であり、一目置かれている。



 一方で、社長秘書として社長の辛辣な社員評価を知り尽くしているが、そのことは決して社員には明かさないという小悪魔系女子でもある。さらに実はアスリートの筋肉目当てで入社したほどの“筋肉フェチ”というお茶目な一面も。“オールドルーキー”として新町が奮闘する姿は、彼女にどんな影響をもたらすのか?



<岡崎紗絵>

名だたる俳優の皆様とご一緒できるのはとても光栄です。また、身が引き締まる思いです。人生の再起をかけ、挫折や絶望を味わい、自分と向き合うストーリーに気持ちが熱くなりました。そんなすてきな作品にご一緒できることを大変うれしく思います。



私が演じる「真崎かほり」は、ビクトリーの社員であり、社長秘書でもあるので、社員側と経営者側という両方の視点から物事を受け取れるキャラクターだと思います。そのバランスを考えながら丁寧に演じたいです。



葛藤するけども、持ち前の明るさと強さで打開し、新たな道を切り拓いていく。今までにない考え方や行動で、周りをも巻き込んで影響させていく。熱を伝導していくパワーを持った主人公に、私も熱く感化されて、希望あふれる作品の一員になりたいです。
カテゴリ