三上真史&柴田理恵、富士山一望“癒しの英国庭園”を楽しむ「麗しのガーデンでもある」

三上真史&柴田理恵、富士山一望“癒しの英国庭園”を楽しむ「麗しのガーデンでもある」

 BS日テレ「旅する水曜日」枠(毎週水曜 後9:00)の番組『麗しのガーデン散歩』が、25日と6月1日の2週にわたって放送。25日放送では「~春満開!三上真史が磯山さやか・柴田理恵とガーデンを訪ねて癒される」と題して、NHK Eテレ『趣味の園芸』などで活躍し、各所で園芸のすばらしさを伝えている三上真史が、ゲストの磯山さやか・柴田理恵とともにガーデンを訪れる。



【動画】三上真史、磯山さやか・柴田理恵と“ガーデン散歩”



 磯山との前半パートに引き続き、後半パートでは、三上と柴田がボタニカルアーティスト・芝田美智子さんによるガーデンを訪問。富士山を一望する癒しの英国庭園を堪能していく。



 同局では、4月より「旅する水曜日」と題して、毎週水曜日の午後9時から“大人のプチ旅バラエティ”を編成。阿佐ヶ谷姉妹が商店街をめぐっていく『阿佐ヶ谷姉妹いいわね商店街』、タレントの久本雅美が、アシスタントの神田愛花、ゲストと飲みながら“本音トーク”を繰り広げる久本雅美のぶっちゃけ酒場』、京本政樹・柳沢慎吾・次長課長の河本準一による『京さま慎ちゃんの令和も飛ばすぜ!』がこれまで放送されていた。



 収録を終えて、三上と柴田がコメントを寄せた。



■柴田理恵

――本日の芝田ご夫妻のガーデンはいかがだったでしょうか?

もう最高でした。ほんとうに、自然のある形をいかして、どの小さな命も全部大事になさって、それが本当にみんなね、ちゃんと共存している感じがもうすばらしくて。ちゃんとした世界があるなという気持ちになりました。



これが本当に豊かってことじゃないかなと思うんです。華やかなもの、お金をかけたものだったりじゃなくって、私たちが「雑草だ」と言ってしまうような、そういうお花にも、ちゃんとここにいるよと存在するための場所を与えてあげて、そういうものたちが皆それぞれ咲き誇っている。だから、どれがいいとか、どれがよくないとかそういうのではなくて、どれもこれも全部それぞれの輝きがある庭で…。世の中、すべてそうだったらいいのになと思って、なんかそういうことも考えちゃいました。



――柴田さんもご自宅でお庭づくりをされていると聞きましたが、参考になる点も多かったのではないですか?

小さいお花ですとか、絶対に抜かないでおいておこうと思いました。そんなの雑草だっていって抜いちゃっていたのもあるのですけど、そうじゃないんだなと思いました。全部生かしてこうと。あと、ずっと見ているから、あーやってそれぞれちゃん輝いているんですよね。放っておくのとはまた違う。子育てにも通じるものがあると思うんですけど、ほっといて、ほんとほっとけばいいってモンではないんだけど、かわいがりすぎてもダメ。ちゃんと見ていてちゃんと見守るっていうんですかね。そういうふうにこれからも、もっとそうやってこうと思いました。



――次はどんなガーデンを旅してみたいですか?

私は、こういう風に山野草とかが大好きなんで。自然な感じの庭が好きです。あとハーブとかも好きなので、そういう庭が好きですね。またぜひ行きたいですね。



■三上真史



――芝田さんご夫妻のガーデンはいかがだったでしょうか?

日本の植物を多く使っていて、花というよりリーフ類、葉をたくさん使って、なつかしい景色を作られている。僕大好きなんですよね。柴田理恵さんが「癒される」って、カメラ回ってないときも、もうずっと言われていましたし。東京からこちらに来て作られているっていうのが良く伝わる。癒しのガーデン。麗しのガーデンでもあると感じました。

あと、芝田さんはボタニカルアートをされているので、植物を見る目というのがとても細かい視点で、それをガーデンに生かされているなと。リーフ類を植えるときって葉の形、脈だけでもすごく違うんですよね。その葉だけでも全体的にカラフルにリズミカルに線であったり面であったりという、自然の景色なんですけど、非常に細かい意識で作られているなって言うガーデンでした。



――柴田理恵さんとは以前番組で共演されていて、お久しぶりということでしたが、いかがだったでしょうか?

すごくうれしかったです。2年弱、一緒に一つのお庭を作るっていう企画をやっていたことがあってですね。もうとにかく楽しく、いつもやらせてもらっていて。一緒にやっぱり植物にお話しをして、芝田さんのガーデンでこれいいねって、一緒に盛り上がりまして。また柴田さん今もお庭を作られているっていうことで、これどうかな?みたいな感じで盛り上がりました。芝田さんのガーデンにも違う機会にもまた来たいね!って会話をして楽しんでいました。
カテゴリ