ピース綾部祐二、5年間の沈黙破り“渡米の真実”つづる「少しでもプラスになることがあれば…」

ピース綾部祐二、5年間の沈黙破り“渡米の真実”つづる「少しでもプラスになることがあれば…」

 お笑いコンビ・ピースの綾部祐二(44)が、7月16日に初のエッセイ本『HI, HOW ARE YOU?』(KADOKAWA)を発売することが決定した。



【写真】YouTubeを開設!アメリカでの生活を語った綾部祐二



 「ハリウッドスターになって、レッドカーペットを歩く」。レギュラー番組を9本持ち、人気の絶頂期にあった綾部が活動拠点をアメリカに移すことを宣言したのは、2016年のことだった。そして翌年、40歳の誕生日を目前に控えた10月に、綾部はニューヨークへと旅立った。



 それから現在にいたるまで、綾部は取材に応じることなく、また帰国することもなかったが、渡米から5年経過した節目、拠点をニューヨークからロサンゼルスに移すという人生の転換期に、綾部は沈黙を破り、エッセイ集を発表することに決めた。同書の中で語られるのは、「突然渡米した理由、一度も日本へ帰国しない理由」「ニューヨークに渡ってからの生活や仕事のこと」「未だもがき苦しんでいる英 語や自身の体験から考えた英語教育について」などとなっている。



 そのすべてに、綾部の人生哲学「人生というのは、自分が監督で主演、そして客も自分。だから自分が納得できる作品にしないといけない」が貫かれている。綾部祐二という、「一人の人間が、自分の意思で決断し、現状を捨て、夢を追いかけて、新たな冒険に出るストーリー」は、閉塞感に覆われた現代を生きる多くの人たちにとって、大いに参考になるだろう。



 今回の刊行決定を受け、綾部がコメントを寄せた。



■綾部祐二

このたび、渡米5年という節目に本を出版させてもらうことになりました。この本はピース綾部という人間を皆さんにもっと知ってもらおうというものではありません。こんな生き方をしている人間もいる、というひとつのサンプルです。もしこの本を読んで、何か皆さんにとって、少しでもプラスになることがあればうれしいかぎりです。



第153回芥川賞作家・又吉直樹アシスタント

YUJI AYABE
カテゴリ