『五等分の花嫁』声優、完結に感慨 佐倉綾音「大スクリーンで見る青春模様は、かなりのダメージを食らう」

『五等分の花嫁』声優、完結に感慨 佐倉綾音「大スクリーンで見る青春模様は、かなりのダメージを食らう」

 22日に都内で開催されたアニメ映画『五等分の花嫁』の舞台あいさつの公式レポートが到着した。主演キャストの松岡禎丞、花澤香菜、竹達彩奈、伊藤美来、佐倉綾音、水瀬いのりの6人が登壇し、映画の内容について語り尽くした。



【写真】キャラのイメージカラー!彼女感あふれる衣装の花澤香菜、佐倉綾音ら5人



 大きな拍手で迎えられたキャスト6人。これからスクリーンで上映される映画に対して「ラブコメものですので風太郎が誰を選ぶのかという展開なんですが、2時間15分でギュッと詰め込まれています。どのシーンも目を凝らして集中して観てください!」と佐倉が会場に集まった観客へお願い。



 そこから、第1期から約3年間演じてきたキャラクターの成長について、それぞれが話していく。恋愛なんて愚か者がすることだと言っていたのに、誰かに好意を抱くようにまでなった風太郎。TVアニメの第2期では暴走してしまったけど、この劇場版でさらに大きく成長したという一花。恋する乙女モードになってから気の強さの裏の繊細さ、周りの人への真っ直ぐさが描かれていったという二乃。最初は無口でミステリアスだったが、好きなものをしっかり言えるようになり、精神的に大きく成長した三玖。最初から明るくて良い子でがんばり屋さんだった四葉は、劇場版ではその内面が掘り下げられていたという。そして劇場版で本当の自分と自分らしさを見つけられたという五月。



 最後はキャストそれぞれから、メッセージが贈られた。



「待望の結末、そして幸せ溢れる結婚式がここで開かれます。この劇場を後にするときには多幸感溢れる気持ちになっていると思います。ラスト、大画面で楽しんでください!」(水瀬いのり)



「大スクリーンで見る青春模様は、かなりのダメージを食らうと思いますが、皆さん、衝撃に備えてください(笑)。風太郎との恋の行方、姉妹たちの愛の行方にも決着がつきます。最後の五つ子ゲームをお見逃しないように!」(佐倉綾音)



「皆さんの大きな愛のおかげで映像でも完結を迎えることができました。皆さんの愛がたくさん詰まった作品になっていますので、楽しんでください」(伊藤美来)



「きれいに完結します。風太郎くんとの恋の行方、そして五つ子の家族の関係も大きく変わっていくので、最後まで見守っていただければ嬉しいなと思います」(竹達彩奈)



「キャラクターごとにひとつ絶頂を迎えるシーンがあるので楽しみにしていてください。劇場で五つ子たちを見られるのはこの期間だけです。ぜひ楽しんでください」(花澤香菜)



「我々も全力でやらせていただきました。これから映画『五等分の花嫁』の完成した世界を観ていただけるということで、我々も自信を持って、スタッフ一丸となり作った作品です!皆さんに楽しんでいただける作品になっていると思いますので、ぜひ楽しんでください!」(松岡禎丞)



 『五等分の花嫁』は、貧乏生活を送る主人公の男子高校生・風太郎が、あるきっかけで落第寸前の個性豊かな五つ子のヒロインたち(一花、二乃、三玖、四葉、五月)の家庭教師となり、彼女たちを無事卒業まで導くべく奮闘するラブコメディー。五つ子のうちの一人と結婚を控えた主人公が、高校時代を回想する形で描かれており、「五つ子の誰と結婚するのか?」が見どころとなっている。



 『週刊少年マガジン』(講談社)にて2017年8月より連載スタートし、2020年2月に完結。2019年1月から3月にかけて人気声優の花澤香菜(一花役)、竹達彩奈(二乃役)、伊藤美来(三玖役)、佐倉綾音(四葉役)、水瀬いのり(五月役)が出演するテレビアニメが放送され話題となり、第2期が2021年1月~3月にかけて放送され、コミックスは累計1600万部を突破する人気作品となっている。



 5月20日より公開された映画の興行成績は3日間で動員29万人を突破、公開初週作品(新作)で第1位となっている。
カテゴリ