『ゼンカイジャー』ファイナルライブツアーを『デカレンジャー』さいねい龍二が鑑賞 駒木根葵汰と笑顔の2ショット

『ゼンカイジャー』ファイナルライブツアーを『デカレンジャー』さいねい龍二が鑑賞 駒木根葵汰と笑顔の2ショット

 『機界戦隊ゼンカイジャー ファイナルライブツアー2022』の広島公演が21日に開催された。同公演を、スーパー戦隊シリーズ第29作『特捜戦隊デカレンジャー』(2004年)で赤座伴番/デカレッド役を務めたさいねい龍二が鑑賞。五色田介人/ゼンカイザー役の駒木根葵汰が2ショットを公開し、さいねいからのコメントも寄せられた。



【動画】爆笑トークで裏話続々!駒木根葵汰×小宮璃央スペシャル座談会



 さいねいは現在、地元の広島に戻り活動をしている。駒木根や、ゾックス・ゴールドツイカー/ツーカイザー役の増子敦貴は『デカレンジャー』を見ていた世代とあって、さいねいが楽屋を訪れると大喜びだったという。



 久しぶりのヒーローショーを見たさいねいも進化に驚き、またスーパー戦隊親善大使の松本寛也とも久しぶりの再会となっていた。



 『機界戦隊ゼンカイジャー ファイナルライブツアー2022』は、今週末の28日、29日の大阪公演で千秋楽(29日の千秋楽公演は配信で視聴も可能)。オリジナルキャラクターであるトジテンド残党のファイナルワルドが登場し、「トジテンド王朝ファイナルライブの開催を果たす」という目的のために暗躍する。



■さいねい龍二コメント

 機界戦隊ゼンカイジャーファイナルライブツアー2022@広島、観させていただきました! 17年でファイナルライブツアーは大きく進化してました。終始キラキラで、テンポもよく、ワクワクを持続しながら最後まで楽しめました。何度か訪れる変身シーンがやっぱり1番のお気に入りです。目の前で変身するんですよ! 本当に変わるんですよ! イリュージョンです!!(笑)



 地元ネタもふんだんに盛り込んでくれてますが、不思議とゼンカイジャーの世界観は壊れないんです。ネタのチョイスも地元民にとって気持ちの良いところばかり。この辺りのバランスはファイナルライブツアーの歴史が培ったものでしょう。



 ヒーローショーといえばのコールアンドレスポンスは拍手中心で時代にうまく対応しているなと感じました。何より、素顔の戦士たちが魅力的過ぎて!!! 1年間演じてきた役なので、役が染みついてますね。何か起きても上手に対応してくれます。またそのアドリブが秀逸なんです!



 とにかく大満足の観劇でした!! 終演後ごあいさつに行かせていただきましたが、そこでも驚きが! みんなお顔がちっさい。17年間という月日で、ヒーローショーも人類も進化しておりました(笑)。
カテゴリ