高田夏帆、紅白初出場に意欲「切符は持ってる!」 朝ドラ『ちむどんどん』に出演中

高田夏帆、紅白初出場に意欲「切符は持ってる!」 朝ドラ『ちむどんどん』に出演中

 俳優で歌手の高田夏帆が25日、都内で2ndシングル「風の唄」のリリース記念イベントを行った。



【写真】目を閉じ…「風の唄」を熱唱する高田夏帆



 今回の企画は、MCを務めるTOKYO MX『音ボケPOPS』の番組企画からスタート。ボイストレーニング企画が進む中、ある日、新たなレッスンを受けるつもりで部屋に入ると、大ファンの阿部真央が待っていているというサプライズ企画で初対面。うれし泣きする中、楽曲を書き下ろしてもらえることを知ると、さらに号泣。レコーディングにも立ち会う全面協力の元、できあがったのが今回の楽曲「風の唄」となる。



 「3年ぶりのリリースイベントでみんなに会えてうれしい!」とミニライブを楽しんだ高田は「風の唄」と、初めて自らも楽曲制作に参加したカップリング曲「今日だけは思い出していい?」を熱唱。ファンからの温かい拍手を浴びると「すごい楽しかったです。感極まって泣いちゃいました!」と瞳をうるませながら「本当にうれしく思います。これからも頑張ります!」と声を弾ませた。



 歌手業の目標として「今年中にライブをやりたい! 絶対にやる!」と元気いっぱいに目を輝かせた高田。NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』にヒロインの親友役で出演中とあって「紅白初出場も?」と振られると「切符は持ってますもんね。夢は大きく、紅白出るぞ!」とぶち上げて、会場を沸かせていた。
カテゴリ