武尊「人間としての厚みが違う」天心戦は会見で勝利確信 親友・ワンオクTakaも“人間力”を信頼

武尊「人間としての厚みが違う」天心戦は会見で勝利確信 親友・ワンオクTakaも“人間力”を信頼

 格闘家の武尊が25日、自身のYouTubeチャンネルにロックバンド・ONE OK ROCKのボーカルのTakaとの対談動画をアップ。『THE MATCH 2022』(6月19日・東京ドーム)での那須川天心との“世紀の一戦”について、勝利を確信した瞬間を語った。



【画像】武尊が勝利を確信した会見「人間としての厚みが違う」



 長年にわたって親交があり、互いに親友と認め合う武尊とTaka。スパーリング後の対談で、天心戦が決定するまでの心境や、武尊が“言葉”についてTakaにアドバイスをもらったエピソードなどを語り合った。



 試合決定会見は昨年12月24日に行われたが、Takaが「会見で天心選手と対峙した瞬間、どんなものを感じた?」と改めて尋ねると、武尊は「初めて対戦相手として天心選手を見れた瞬間だった。これから殺し合いをする相手で、僕は完全にスイッチを入れて前日会見ぐらいの気持ちで記者会見に挑んで顔を合わせたけど、正直まだ天心選手はそういうスイッチではないと感じた」と振り返った。



 また、「人間としての厚みが違うと感じた。断言するのは良くないけど、僕はあの会見の時に勝てると思いました」と断言した。



 Takaも「この試合に関しては人間力が大事な武器。武尊の人間力が上回ってると信じてるし、そういう選手がいろんなものを吸収して、(ドラゴンボールの)元気玉じゃないけどそういうパワーが武尊に乗り移って、この試合をいい形で終わることができると信じてるし、俺も自分が送れる最大級のパワーを武尊に注入して、当日を楽しみにしとこうかなと思ってる」とエールを送った。

カテゴリ