「大吟醸 雪夜月」がロンドンで開催された「IWC2022」でブロンズメダルを受賞

「大吟醸 雪夜月」がロンドンで開催された「IWC2022」でブロンズメダルを受賞


明利酒類と、カバーが運営するホロライブ所属Vtuber雪花ラミィが「ラミィの日本酒づくりプロジェクト」で開発したオリジナル日本酒「大吟醸 雪夜月」が、4月24日(日)~27日(水)にロンドンで開催された「IWC(International Wine Challenge)2022」にて、ブロンズメダルを受賞した。

IWCについて



IWCは毎年ロンドンで行われる、世界最大規模のワイン・清酒品評会だ。2007年より「SAKE部門」が設けられて以来、日本酒の海外進出における登竜門となり、日本酒審査会として世界で最も大きな影響力を持つイベントとなっている。

IWC2022では、SAKE部門の中の9つのカテゴリーに462社、合計1732銘柄がエントリーされ、14か国・総勢53名の審査員によってブラインド・テイスティングが行われ「大吟醸 雪夜月」は「大吟醸」の部にエントリーし、見事ブロンズメダルに輝いた。

雪夜月について



「大吟醸 雪夜月」は、世界最大の日本酒・ワイン品評会のIWC2020年 SAKE部門で金賞を獲得した「副将軍 大吟醸」をベースに、麹米に山田錦、掛け米に美山錦を取り入れることで、淡麗辛口でありながら、フルーティで華やかな吟醸香を表現した、最高峰の大吟醸だ。


なお、IWCでは「Aromas of young cherry, sweet oak on the palate with fresh pastry. Clean finish.(早摘みのさくらんぼの香りがとてもよく、あまいオークと焼きたてのペストリーの味わいが口内に広がり、爽やかに飲み干せる)」とテイスティングコメントを受けた。

明利酒類オンラインサイト:https://www.meirishurui.com/online/
カテゴリ