毎日を頑張る子どもと大人へ贈る、ユーモアあふれる一冊『きりんのまいにち』が発売

毎日を頑張る子どもと大人へ贈る、ユーモアあふれる一冊『きりんのまいにち』が発売


小・中・高等学校向けの教科書を発行している光村図書出版から、書籍『きりんのまいにち』が、5月23日(月)より発売中だ。

子どもも大人も手に取りたい一冊



児童文学総合誌「飛ぶ教室」の人気短編「きりんとトースター」をきっかけに「たび」「かくれんぼ」など新たな話が誕生!

今回の『きりんのまいにち』1,650円(税込)は、優しくて穏やかな性格のきりんと、そんなきりんのことが大好きな仲間たちの、ゆっくりと時間が流れるまいにちを届ける内容だ。


あたたかいタッチのイラストと、動物たちが紡ぐ言葉が日々の愛おしさを感じさせる、子どもも大人も手に取りたい一冊となっている。


著者は、二宮由紀子氏、絵は、大野八生氏が担当している。

見開きに描かれる楽しいイラストに注目



15編のユニークな話が詰まった同書は、全ての見開きに楽しいイラストが描かれている。絵本と読み物の間の本のため、読み聞かせでも、ひとり読みでも楽しむことができる。

同書の担当編集者、濱野氏は、“とびきりの本ができました!いずれのお話も、大きな出来事が起こるというものではありません。ゆっくりと流れる日々。そのなかにある、きりんとその仲間たちの優しい気持ちや思いを丁寧に綴りました。やわらかくユーモアに包まれた毎日の大事さや愛おしさを、きりんたちがそっと教えてくれます。お子さんはもちろんのこと、大人もいっしょに楽しめる、読み応えのある本です。”とコメントしている。

この機会に『きりんのまいにち』を、親子で読んでみては。

『きりんのまいにち』:https://www.mitsumura-tosho.co.jp/shohin/tobunohon/book_th006.html
カテゴリ