加藤小夏、長せりふ連発で疲労困憊「めくっても、めくっても…」 北川尚弥は扇風機に感謝

加藤小夏、長せりふ連発で疲労困憊「めくっても、めくっても…」 北川尚弥は扇風機に感謝

 俳優の加藤小夏、定本楓馬、北川尚弥、なるせゆうせい監督が27日、都内で行われた映画『君たちはまだ長いトンネル中』(6月17日公開)の完成披露舞台あいさつに参加した。



【全身ショット】足首チラリ!透け感あるロングワンピで登壇した加藤小夏



 元財務省の父、高橋陽一郎(川本成)の影響を受けていた高橋アサミ(加藤)は、高校3年生にして、政治に対し人一倍強いイデオロギーを持っていた。それゆえ、政治経済の授業でも、疑問に思ったことを先生に問いかけ、論破するほど。しかし、まだアサミはどこにでもいる女子高生。1人で国を救えるわけもなかった。ある日、元戦隊ヒーローとして活躍していたタレント議員の武藤(蒼木陣)と遭遇する。またとないチャンスと思いアサミは、武藤に駆け寄り「総理大臣に会わせてほしい」と直談判。そのあと、急展開がアサミに巻き起こる。高校生たちが日本の未来を問う社会派青春ストーリー。



 アサミについて加藤は「せりふの量がスゴかった」と苦笑い。なるせ監督も「台本、ほぼほぼやもんね」と同調し、加藤は「めくっても、めくっても、ずっとしゃべっている。普段、私はガツガツしゃべるタイプではない。体力を消耗して、それがしんどかったですね」としみじみと口にしていた。



 なるせ監督は「アサミちゃんはガンガン言う。だけど、なるべく嫌われないように。主人公だから嫌われると、それはそれで。本人でも探ってもらった」と役作りについて明かす。後を受けた加藤は「そこは、スゴく意識した。嫌われたら嫌だなと思って。むしろ応援してもらいたいなと思っていた。その塩梅(あんばい)は話し合いました。言い方が分だけ見るとキツかった。嫌なヤツにならないようにというのは難しかったですね」と難役について語っていた。



 北川は仲良しエピソードも披露。「汗がスゴかったんです。マジで暑くて汗が止まらなくて…。監督に『これ、使えるんですか?』と聞くぐらい。何リットルかいたのかわからないぐらい、かきました」と苦笑いで思い返すと「休憩時間、加藤さんも暑かったと思うのにカットがかかった瞬間に俺の方に扇風機を向けてくれた」と北川は加藤に感謝。加藤は照れ笑いを浮かべ、恐縮していた。
カテゴリ