五木ひろし、新曲は「男らしい、勇ましい歌」 “ありそうでなかった”楽曲にファンからも反響

五木ひろし、新曲は「男らしい、勇ましい歌」 “ありそうでなかった”楽曲にファンからも反響

 歌手の五木ひろし(74)が27日、都内で行われた『北前船大使 委嘱第一号』祝賀会前の取材会に出席した。新曲「北前船/港町恋唄」を披露したほか、「北前船大使」として決意を語った。



【写真】新曲「北前船/港町恋唄」を歌い上げる五木ひろし



 五木は25日に新曲「北前船/港町恋唄」を発売。江戸時代から明治時代にかけて、大阪と北海道を日本海回りで商品を売り買いしながら航海をしていた商船群「北前船」。そこには“北前船ドリーム”とも言える、人々が一攫千金を夢見るドラマがあった。現代におけるベンチャー精神が「北前船」にもあり、航海の中でさまざまなビジネスが生まれ、文化も運んだ江戸時代のベンチャー集団「北前船」をテーマに新曲が制作された。



 「北前船」があしらわれた着物をまとい登場した五木は新曲2曲を生歌唱。350年の歴史を誇る「北前船」について「北海道から南は大阪まで、全ての文化を運び、届けた。それ自体が日本の歴史の大きな礎を作り上げた」と説明。自身が作曲を手掛けた同名の楽曲は「とにかく男らしい、勇ましい歌」とし、「船に乗って荒波に向かって頑張っていく、そんな姿を描きたいと考え、日本の歴史なので和のテイストと、ちょっとしたロックテイストを融合させた」と魅力を紹介した。



 またファンの反響も大きいという。「女心を歌う方が多いので、こういったタイプ(の曲)はありそうでなかった。それが新鮮な感じで受け止められているのではないかと思います」と笑みを浮かべた。



 この日、『一般社団法人北前船交流拡大機構 結成6周年記念』などの祝賀会で五木が同機構より「北前船大使」に委嘱されたほか、「北前船」の魅力を発信に貢献したとして感謝状も手渡された。大使就任にあたり、五木は「大変名誉なことと思っております」とにっこり。「同時にこういう形で大使にしていただくと思っていなかったので、びっくりと同時に光栄に思っております。それに恥じないよう、より一層頑張らないとという気持ちになっております」と気を引き締めた。



 さらに、歌手として「常に歌の歴史を提供しているつもり。歌は350年の歴史はないが、そこにつなぎ合わせて歌もこれからもずっとつながっていってくれればいいなと。特に演歌は日本が世界に誇るもの。これを大事にしたい」と思いを明かした。
カテゴリ