飼い主のいない犬と猫へ、医療を届けるしくみをつくる「ハナコプロジェクト」活動開始

飼い主のいない犬と猫へ、医療を届けるしくみをつくる「ハナコプロジェクト」活動開始


2021年8月に設立、準備が進められてきた「ハナコプロジェクト」が、5月20日(金)よりホームページを開設し、活動をスタートした。

飼い主のいない犬と猫に医療を



「ハナコプロジェクト」は、テレビディレクター・作家の山田あかねさんが代表理事、俳優の石田ゆり子さんが理事を務める団体だ。

2020年度の犬と猫の殺処分数は、およそ2万匹以上。今もなお、多くの命が失われている。「自分たちでもできることはないだろうか?」と動物好きの二人が知恵をしぼり、飼い主のいない犬と猫が、負担なく医療を受けられるしくみが作られた。

協力病院にて医療を提供



「ハナコプロジェクト」は、プロジェクトとして寄付を集め、それを使って協力してくれるハナコプロジェクト協力病院にて、保護犬猫が医療を受けられるしくみだ。なお、利用には条件あるので注意を。

無料で受けられる医療は、保護犬猫、野良猫の不妊去勢手術と飼い主のいない子犬と子猫の基本のケアの2つ。現在、「ハナコプロジェクト協力病院」は全国に10病院。同団体では、今後拡大を予定しているという。「ハナコプロジェクト」の詳細は、公式ホームページに掲載されているのでチェックしてみよう。

また、多くの人にこの活動を知ってもらい、協力してもらうことを目標に、READYFORにてクラウドファンディングもスタートしている。なお、理事の石田ゆり子さんは、著書「ハニオ日記」の印税をすべて「ハナコプロジェクト」に寄付しているそう。

飼い主のいない犬と猫へ医療を届ける「ハナコプロジェクト」をチェックしてみては。

「ハナコプロジェクト」ホームページ:https://hana-pro.com/
READYFOR:https://readyfor.jp/
プロジェクト名:飼い主のいない犬と猫に医療を届けるしくみを|ハナコプロジェクト
カテゴリ