結局1番“盛れるマスク”ってどれ?スマートカラーにMASCODE…気になる4ブランドを比較しました!


生活様式が大きく変わって、はや2年。少しずつ状況は変わりつつありますが、まだまだ“マスク”を着ける機会は多いですよね。



感染対策としてはもちろん、最近ではファッションの一部として取り入れられていることも。「顔の大半を覆うからこそ、できるだけ小顔にシュッと見せたい…」なんて人も、きっと多いはずです。



そこで今回は、形が似ている「SMART COLOR(スマートカラー)」「MASCODE(マスコード)」「Picool μ(ピクール ミュー)」「SPUN MASK(スパンマスク)」の4つを、isuta編集部が比較してご紹介!せっかくなら、おしゃれなマスクを身につけましょ。



大バズりした、ユニチャームの超快適「SMART COLOR」



ユニチャームの超快適「SMART COLOR」



一時期お店から姿を消し、幻のような存在となったユニチャームの超快適「SMART COLOR」(税込498円 / 7枚入り)。最近では供給が安定してきたのか、ドラッグストアやコンビニでも見かけるようになりました。



ユニチャームの超快適「SMART COLOR」



顔の輪郭に沿った形と、絶妙なニュアンスカラーがかわいいと、大きな話題に。通常のマスクよりも軽く、長時間つけていてもストレスを感じないんです。



カラーはナチュラルベージュ / アッシュグレーの2色がラインナップ。肌に自然と馴染む、『ナチュラルベージュ』の人気が特に高いようですよ。



ユニチャームの超快適「SMART COLOR」の着用画像



一般的なマスクのようなノーズフィットが入っていないにもかかわらず、鼻の部分がスンと立体的に立ち上がり、顔にしっかりとフィット。



顔に沿った曲線構造によって、マスクと肌のあいだに隙間が生まれ、息苦しさもありません。紐も柔らかい素材でできているため、長時間つけていても痛くないんです…!



顔のフィット感:★★★★☆

小顔に見える度:★★★★★

コスパのよさ:★★★☆☆(1枚あたり約71円)

カラバリの豊富さ:★☆☆☆☆

肌触りのよさ:★★★★☆



バイカラーデザインがかわいい「MASCODE」



MASCODEの「3D不織布マスク」



MASCODEの「3D不織布マスク」(税込550円 / 7枚入り)も、形はスマートマスクにそっくり。こちらの方が顔まわりのカーブが緩やかで、より柔らかい雰囲気のシルエットになっています。



MASCODEの「3D不織布マスク」



写真の『ベージュ』カラーは、紐が赤いバイカラーデザイン。顔に華やかさがプラスされて、程よいアクセントになりますね。



内側の素材は、先ほどよりもふわふわ。「マスクによる肌トラブルも気になる…」なんて人にも、ぴったりかもしれません。



顔にあたる部分もベージュカラーに彩られているから、ファンデの汚れが目立たないのもうれしい!



MASCODE「3D不織布マスク」の着用画像



写真では伝わりにくいですが、スマートカラーよりも顔にぴったりとフィット!にも関わらず、立体構造になっていることで、息苦しさも全くないんです。



頬上から鼻先までの流れが、先ほどより緩やかな分、小顔効果という意味では少し劣るかも。



M・Lの2サイズが展開されており、Mサイズはベージュ / コーラルピンク / ラベンダー / モカブラウン / ライトグレーの5色、Lサイズはブラック / ライトグレーの2色がラインナップしています。それぞれマスク本体と紐の色が異なるバイカラーデザインだから、色の組み合わせにも注目してみてくださいね。



その日のコーデや気分によって、マスクのカラーを変えるのも楽しそう!ファッション感覚でマスクを取り入れたいなら、MASCODEがおすすめですよ。



顔のフィット感:★★★★★

小顔に見える度:★★★★☆

コスパのよさ:★★☆☆☆(1枚あたり約78円)

カラバリの豊富さ:★★★★☆

肌触りのよさ:★★★★★



バイカラーの「Picool μ」はコスパ◎



Picool μの「不織布カラーマスク」



デザイン性とコスパを重視するなら、Picool μの「不織布カラーマスク」(税込1078円 / 20枚入り)がおすすめ。



Picool μの「不織布カラーマスク」



5枚入りの数量タイプもありますが、20枚入りのボックスなら1枚あたり約53円という、毎日使いしやすい価格なんです。



MASCODEと同じく、マスク本体と紐の色が異なるバイカラーデザインで、カラーはヌーディ ブラウン / サクラ / ベージュ / ヌード リップ / オーガニック / ニュアンス アッシュ / スミレ ママ  / ルージュ ベリーの8色がラインナップしています。



Picool μ「不織布カラーマスク」の着用画像



こちらは、1番人気の『ヌーディ ブラウン』。先の2つと比べると、やや顎下に隙間が生まれていますが、ほとんど気にならない程度でした。



ユニチャームやMASCODEと比べると、紐が少し厚め。内側の触り心地は、スマートカラーとほぼ変わりません。



マスク専門ショップや雑貨店などで販売されているとのことなので、ドラッグストアやコンビニでは見つけづらいかも。



顔のフィット感:★★★★☆

小顔に見える度:★★★☆☆

コスパのよさ:★★★★★

カラバリの豊富さ:★★★★★

肌触りのよさ:★★★★☆



気軽に買える・使える「SPUN MASK」



SPUN MASKの「立体型スパンレース不織布カラーマスク」



最後にご紹介するSPUN MASKの「立体型スパンレース不織布カラーマスク」は、ドラッグストアやコンビニでも見かける率が高め。7枚入り(9色展開)は税込437円、30枚入り(8色展開)だと税込1078円で、1枚あたり約36円という安さなんです!



SPUN MASKの「立体型スパンレース不織布カラーマスク」



1枚1枚個包装になっているから、持ち運びにも便利。衛生面が気になるマスクを、清潔に保てるのはうれしいですよね。



パッケージによって圧縮されているせいか、袋から出してみると、紐の跡がくっきり。外側にはツルツルとした素材が使われており、4つの中では1番薄めかもしれません。



SPUN MASK「立体型スパンレース不織布カラーマスク」の着用画像



シルエットは他のマスクとあまり変わらないものの、やはり紐の跡が気になるかも…。紐とマスクの接着部分は雪の結晶模様になっていて、かわいらしさがプラスされていますよ。



外出先でいきなりマスクが必要になったときや、持ち歩き用として重宝しそうです。



顔のフィット感:★★★☆☆

小顔に見える度:★★★☆☆

コスパのよさ:★★★★★

カラバリの豊富さ:★★★☆☆

肌触りのよさ:★★☆☆☆



マスク選び、どのポイントを重視する?



SMART COLOR・MASCODE・Picool μ・SPUN MASKのマスク



4つのマスクを並べてみると、こんな感じ。基本の形は一緒ですが、鼻のカーブや顎下のシルエットなど、少しずつ違いがありますよね。



SMART COLOR・MASCODE・Picool μ・SPUN MASKのマスクを着用した画像



どれにしようか迷っている人は、ぜひ着用画像を参考にしてみて。



お出かけのときはシルエットを意識して、デイリー使いのマスクは安さを選ぶなど、自分にぴったりのマスクを見つけてくださいね!



SMART COLOR・MASCODE・Picool μ・SPUN MASKのマスク



ご紹介したマスクは、ドラッグストアやコンビニ、オンラインストアにて購入可能。お気に入りのマスクを身につけて、少しでも気分を上げちゃいましょう!



\ ご紹介したマスクはこちら /

超快適「SMART COLOR」

Picool μ「不織布カラーマスク」

MASCODE「3D不織布マスク」

SPUN MASK「立体型スパンレース不織布カラーマスク」



カテゴリ