香取慎吾『ななにー』で「東京SNG」生歌唱 新しい学校のリーダーズとパフォーマンス&トークも

香取慎吾『ななにー』で「東京SNG」生歌唱 新しい学校のリーダーズとパフォーマンス&トークも

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人によるABEMAレギュラー番組『7.2 新しい別の窓#51』(6月5日 後3:00~10:12)で、香取が2ndソロアルバム『東京SNG』より、「東京SNG」と「東京タワー」の2曲を披露することが決定した。



【写真】アニメ『アフレコ』に挑戦!必死の稲垣吾郎&草なぎ剛&香取慎吾



 同作は、2020年1月にリリースした1stアルバム『20200101』から約2年3か月ぶりにリリースした最新アルバムで、“タキシードが似合う音楽”をコンセプトとし、さまざまな角度からジャズにアプローチした全10曲にわたるオリジナル作品。“SONG”、“SING”、“SWING”、“SINGO”の4つの意味が込められたタイトルや、豪華アーティストたちとのコラボレーションでも大きな話題を集めている。



 『ななにー』では、稲垣と草なぎが見守る中で楽曲をパフォーマンス。中でも、アルバムのリード曲でもあり、国民的歌手・美空ひばりの名曲をカバーした「東京タワー」は、featアーティストとして参加し、米ロサンゼルスにて開催のフェス「Head In The Clouds」に2年連続の出演が決定したダンス&ボーカルパフォーマンスユニット・新しい学校のリーダーズとともに番組初披露する。



 また、パフォーマンスは「東京SNGトーク」と題し、『ななにー』レギュラーメンバーとともに、曲紹介のコーナーも実施。アルバム制作秘話や、新しい学校のリーダーズとの関係性についてもトークを繰り広げる。
カテゴリ