リーボックとイームズのコラボフットウェアが熱い。塗り絵ができるスニーカーってかわいすぎない?


アスレチックライフスタイルブランド・Reebok(リーボック)と 歴史的なインテリアデザイン事務所・EAMES OFFICE(イームズオフィス)のコラボレーションスニーカーが、6月3日(金)より順次お目見えします。



リーボックの代表モデル『CLASSIC LEATHER(クラシックレザー)』に、イームズらしい使うほどに味わい深く、愛着のわくアレンジが加えられた3つのデザインで展開。



“父の日”のプレゼントにぴったりなアイテムもあるので、おしゃれなギフトをお探しの方は必見ですよ。



塗り絵をモチーフにした、 Reebok × Eamesの『The Coloring Toy』モデル



イームズの代表作品をスニーカーに落とし込んだ、「Reebok×Eames Classic Leather Collection」が登場



リーボックとイームズオフィスの、3度目となるコラボレーションフットウェアコレクション「Reebok × Eames Classic Leather Collection」。



今回は、リーボックの定番モデル『CLASSIC LEATHER』に、イームズの代表作品を落とし込んだ、プレイフルでユニークなデザインのスニーカー3モデルが登場します。



イームズの子ども用塗り絵キットにインスパイアされた、Reebok Eames Classic Leather「The Coloring Toy」



こちらは、イームズの子ども用塗り絵キット『The Coloring Toy』にインスパイアされた、「Eames Classic Leather “The Coloring Toy”(イームズ クラシックレザー “ザ・カラーリング トイ”)」(税込1万5000円)。



真っ白なレザーアッパーに刻印された、幾何学のアウトラインが特徴です。実際に色を塗って、自分らしくカスタマイズもできちゃう、遊び心あふれた1足!



販売は6月3日(金)スタートとなっていますよ。



おしゃれなお父さんが、大喜びしちゃうスニーカーって?



EAMESの最も代表的な作品のひとつ、『イームズラウンジチェア&オットマン』からインスピレーションを受けたEames Classic Leather 「Rosewood」



数々の著名な椅子を生み出しているイームズですが、その中でも代表的な作品とされる『イームズラウンジチェア&オットマン』は、深みのある木目のローズウッド合板が使われているところがポイント。



6月10日(金)より販売される「Eames Classic Leather “Rosewood”(イームズ クラシックレザー “ローズウッド”)」(税込1万5000円)は、アッパーにローズウッドを模した木目調プリントが施されています。



インソールには、『イームズラウンジチェア&オットマン』のオリジナルの分解図が隠れているそうなので、そちらもぜひチェックしてみて!



Eames Classic Leather 「Rosewood」は、おしゃれなお父さんへの“父の日ギフト”にもおすすめ



味わい深い色合いは、ハイセンスな“父の日”ギフトとしてもおすすめ。



おしゃれなお父さんに、レアスニーカーを贈ってサプライズしてみませんか?



インパクトあるゾウさんもスニーカーに大変身!



インパクト絶大な、ゾウ型の遊び道具をモチーフにしたEames Classic Leather「Elephant Pack」



3つ目は、6月24日(金)より販売される「Eames Classic Leather “Elephant Pack”(イームズ クラシックレザー “エレファント パック”)」。



ゾウ型の遊び道具『イームズエレファント』を題材にした今モデルは、顔と胴体が分かれる構造をスニーカーにも反映させ、取り外し可能なエレファントフェイスがシューレース部分にかぶさっていますよ。





カラーバリエーションは、ポピーレッド/ダークライム/アイスグレーの3色展開。



コーディネートにアクセントを加えたい時はゾウさんを装着し、シンプルに楽しみたい時は取り外して履ける、2Wayなところがうれしいですよね。



パッケージまでしっかりこだわりが詰まったデザイン



「Reebok×Eames Classic Leather Collection」は、イームズハウスをもとにしたパッケージデザインでとってもおしゃれ



「Reebok × Eames Classic Leather Collection」のスニーカーは、各税込1万5000円(リーボックでの販売価格)。サイズ展開は、22.5cm~31.0cm (30.5cmの展開を除く)までとなっています。



靴箱は、米・ロサンゼルスにあるイームズ夫妻の自邸兼アトリエ、『イームズハウス』よりインスピレーションを得てデザイン。梱包パッケージにまで、しっかりとイームズの世界観が反映されているところも見逃せないポイントですよ。



スペシャルなリーボックの個性派スニーカーで、あか抜けコーディネートを目指してみてはいかが?



リーボック公式ページ

https://reebok.jp/



カテゴリ