Juice=Juice稲場愛香、異例の経歴振り返り涙【卒業スピーチ全文】

Juice=Juice稲場愛香、異例の経歴振り返り涙【卒業スピーチ全文】

 ハロー!プロジェクトの9人組アイドルグループJuice=Juiceの“まなかん”こと稲場愛香(24)が30日、東京・日本武道館で行われた『Juice=Juice CONCERT TOUR〜terzo〜 FINAL 稲場愛香卒業スペシャル』でグループおよびハロー!プロジェクトから卒業した。アンコールで行われた卒業セレモニーでは、喘息療養のため2016年8月にカントリー・ガールズを卒業後、2018年6月にJuice=Juiceに加入した異例の経歴を振り返って涙を見せつつも、「またみなさんにお会いできる日を楽しみに、“がんばりまなかん”していきます!!」と再会を約束した。以下、卒業スピーチ全文。



【ライブ写真】Juice=Juice稲場愛香卒業コンサートフォト







本日2022年5月30日をもって、私 稲場愛香は、Juice=Juice及びハロー!プロジェクトを卒業します。



4歳から歌とダンスに触れてきた私は、物心が着いた時にはエンターテインメントの世界でお仕事がしたいと思うようになり、中学1年生の時にハロー!プロジェクトが大好きになって、高校1年生の時にハロプロ研修生として活動することができました。



2014年11月5日

カントリー・ガールズのメンバーとしてハロー!プロジェクトに加入させていただきました。

メジャーデビューできた時の喜びは忘れられません。

あえて言うならダンスが大好き!という事くらいしか自分には特徴がないなと思っていたこの頃。

メンパーやみなさんから「あざとい」という、とても特徴的な代名詞をつけていただいて…

新たなキャラクターが出来たことでアイドルとしての自分の役割を見つけることができた気がします。



そして、今日この日まで使い続けてきた「がんばりまなかん」

10代の若さもあって全てに全力だった毎日が思い出されます。

ですが、体調のことで不甲斐ない思いのまま、カントリー・ガールズとしての私は終わってしまいました。

短い時間だったかもしれませんが、私にとっては、かけがえのない思い出で、愛おしい日々だったなと感じています。

今でもカントリーのメンバーみんなには本当に感謝しています。



2017年9月8日

ハロプロ研修生北海道のリーダー的役割という立場で、復帰させていただきました。

何をしたら良いのかわからない所から始まりましたが、かわいいかわいいハロプロ研修生北海道のみんなの無邪気さ、純粋さ、一生懸命さ、タコやパンダ、ジンべイザメが好き!など、様々な個性に触れながら私も初心にかえることができ、そして誰かに何かを教える難しさや、思いが伝わった時の喜び、ひとりのお仕事のやり甲斐などを感じ、沢山のことを学び、とても貴重な経験をさせて頂きました。



2018年6月13日

Juice=Juiceに加入させていただきました。突然の事でとにかく驚いたのを覚えています。

他のグループを卒業してからの加入という、新しい形で加入した私をあたたかく受け入れて下さったこと、本当に感謝しています。

正直、当時は私自身、毎日が必死で記憶が曖昧なところもあり、

でも、数年前から、Juice=Juiceに加入してから、最近、ファンになりましたなど…

どんな時もどんな私でも、応援してくださるみなさんがいたから乗り越えることができましたし、笑顔でいることができました。



そして、メンバーのみんなにも感謝してもしきれません。

新メンバーの有澤一華ちゃん、入江里咲ちゃん、江端妃咲ちゃん。もう少しで新メンバーじゃなくなるね!

一緒にいられた時間は短いけれど、稲場さん好き好き~! て真っ直ぐに気持ちを伝えてくれるみんなにいっぱい癒やされたよ。これからも可愛いくて個性溢れる3人を見守っています。

「ヘンテコな天才」いちか、「笑顔の努力家」りさち、「美人なちびっこ」きさきちゃん、ありがとう。



そして、ゆめりあい。ゆめりあいと呼びながら、それぞれに沢山の思いがあります。



まずは工藤由愛ちゃん。

たこが大好きな本当に不思議な可愛い子で沢山笑わせてもらいました。

いつも私のことを可愛いとかお姫様みたいって言ってくれるのが本当に嬉しかったです。道産子魂、全部託したよ!

そのくらい信頼しています。こんなに良い子はいないって何年経っても思わせてくれてありがとう。

だから、もっと自信を持ってね!



松永里愛ちゃん。

最初はどんな子なのか掴めずにいたけれど、徐々に距離が縮まってアニメの話や音楽の話、グループの話、

何かについて一緒に語る時間が本当に楽しかったです。りあいちゃんは年下の後輩だけれど、沢山刺激をもらったし、頼らせてもらうこともありました。ありがとう。私のことも頼ってね!そしてこれからも、いまなさんを守ってね!



井上玲音ちゃん。

大好きです!顔面国宝なのに少年の心を持つれいれい。繊細な部分も持っていたり真面目でストイックなのにいつも変顔をしているギャップの子。くだらない話でも沢山笑ったし、根本的な性格が似ているから色々な気持ちに共感してもらえて、心の拠り所でした。どれだけ救われたかわかりません。ありがとう。

これからもずっとずっと、笑わせてね!



段原瑠々ちゃん。

るるちゃのトップオタと本人からも認定されているくらい、全てが大好きです!似ている部分もあるし、私にはない部分も持っていて良い刺激を沢山くれました。2人のサブリーダーとしての時間は短かったですが、

これからも何か力になれたら嬉しいなと思っています。

まなるる永遠!! 大好き!! 心からありがとう。これからもよろしくね。



そして、植村あかりさん。

植村さんには何度も何度も救われました。見返りを求めない優しさ、深い愛をもらいました。

私が名付けた「自由な女神」

それがぴったりな、こんなに魅力的な方はなかなかいないと思います。

リーダー、お世話になりまして本当にありがとうございました。これからも目の保養と癒しを、よろしくお願いします。



歴代の先輩方もおっしゃっていた、いつの時代のJuice=Juiceも最高って言ってもらえるようなグループに。

それがまた明日からでもすぐに更新できるみんなだと確信しています。



今、こうして手紙を読んでいても本当に色々な事があったな~と思います。

乗り越えなければならない い壁も少なくはなかったですが、一緒に活動する大切な仲間や、グループを問わず

ハロー!プロジェクトのカッコよくて楽しくて素敵な先輩方や後輩のみんな、関わってくださった全てのスタッフさん方、ずっと心はひとつで応援してくれた家族、そして何より皆さんの応援のおかげでここまでくることができました。



今、オルゴールで流して頂いている私の大好きな曲「未来へ、さあ走り出せ!」の歌詞のように

「あの頃の私よりは少し強くなれたかな」と思えています。



これまでの私の活動を通して、誰かの力になれたかもしれない!と思えた時に、心から喜びを感じることができました。

そんな喜びを沢山感じることができた私のアイドル人生は、本当に幸せでした!!



これからの私も、ひとりの人間としてもっと自分を磨き、もっともっと強く成長していきたいと思っています。

またみなさんにお会いできる日を楽しみに、がんばりまなかんしていきます!!



改めて、たくさんの方に支えられて今日という日を迎えることができました。

私に出会ってくださった全ての皆様に心から感謝しています。

約9年間、本当に本当にありがとうございました!!



2022年5月30日

Juice=Juice サブリーダー 稲場愛香
カテゴリ