SKE48須田亜香里「人生を本当に味わい尽くしてみたい」【卒業発表スピーチ全文】

SKE48須田亜香里「人生を本当に味わい尽くしてみたい」【卒業発表スピーチ全文】

 名古屋・栄を拠点に活動するSKE48のメンバー・須田亜香里(30)が30日、SKE48劇場で行われたチームE『SKEフェスティバル』公演で、9月末をもってグループから卒業することを発表した。



【写真】須田亜香里が卒業を発表した『SKEフェスティバル』公演の模様



 須田は愛知県出身で、現在在籍するSKE48メンバー61名中、最年長。2009年11月に第3期オーディションに合格し、翌年2月にチームSへ昇格。10年発売の4thシングル「1!2!3!4!ヨロシク!」でシングル初選抜入りを果たし、26thシングル「ソーユートコあるよね?」では、センターを務めるなど、現在まで表題曲選抜メンバーとして活躍してきた。



 13年の第5回総選挙(「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」)では16位となり、「恋するフォーチュンクッキー」の選抜メンバーに初選出され、以降、毎年ランクイン。18年の第10回総選挙「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」では自己最高となる第2位を獲得し、“握手会の女王”の異名をとるなど、ファンへの神対応ぶりが話題となった。



 また、自己啓発本の出版や写真集の発売、テレビやラジオのレギュラーパーソナリティーを務めるほか、映画・ドラマ・バラエティー番組など多方面で活躍してきた。



 そんなSKE48の顔とも言える須田が、30日の公演終演後、「ここで私から皆さんにお伝えしたいことがあります」とグループを9月末で卒業すると報告。メンバーやファンが涙を流す中、キャプテンの斉藤真木子が「こちらの映像をご覧ください」と言うと、モニターから映像が流れ、9月24日に日本ガイシホールで卒業コンサート、翌25日にSKE48の14周年コンサート開催が発表され、途中涙ぐみながらも笑顔での報告となった。



■須田亜香里 スピーチ全文



私から皆さんにお伝えしたいことがございます!

私、須田亜香里はSKE48から卒業します!

卒業させていただくことに決めました。最後の活動は9月末になっています。



私は18歳からアイドルをSKE48でやらせていただいて、30歳まで活動させていただいています。もう本当にアイドルとしては、ずっと先頭の方を走ってきて20代後半あたりは心無い声もあって。「若手に道を早く譲った方がいいと思う」とか「早く辞めてほしい」とか…。そういう声につらいなって思うこともあったんですけど、今は本当に幸せなことにファンの皆さんから「ずっとSKE48でいてほしい」という言葉を言っていただけるようになって、それが私としては何よりもご褒美になって、ここまでやってきた意味があったなと感じることができました。



なので、ここまで大好きでいてくださったファンの皆さん、そして私に居場所を作ってくださったグループだったり、メンバーだったり、本当に感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございます。



きっと今、泣いてくださっている方の中には、私が前に「握手会が再開されるまでは辞めたくないな」とか「劇場公演だったりライブでのコールが、皆さんの声援が復活するまではいたいな。また聞きたいな」ということを言っていたので、そのときが来るまでは卒業の日は来ないんじゃないかっていう気持ちで期待してくれていたりとか、待っていてくれた方とかもいると思うんですけど。なのになんで今なんだろって言われたら、難しいんですけど。“アイドル須田亜香里”では、味わい尽くせなかった人生を“人間須田亜香里”として、うれしいこともつらいこともあるだろうけど、人生を本当に味わい尽くしてみたいって思ったからです。卒業するっていうことがすごく怖かったんですけど、まだ見ていない景色とか可能性を目の前に置いておいて、それを怖がっている自分は違うなって思ったので卒業を決めました。



まだまだ皆さんとは楽しいことをたくさんしたいです、アイドルとしても。夏もあるしね! 卒業した後は、アイドルとして届けきれなかった私の人間味だったり笑顔だったりとかを、もっとそばに感じてもらえるように私自身も努力していきたいと思っていますので、これからも須田亜香里の応援と、SKE48への熱い応援をよろしくお願いします!
カテゴリ