菅田将暉×原田美枝子、映画『百花』公開まで100日 「半分の花火」とは?最新予告映像

菅田将暉×原田美枝子、映画『百花』公開まで100日 「半分の花火」とは?最新予告映像

 俳優の菅田将暉と原田美枝子がダブル主演する映画『百花』(9月9日公開)の公開まで100日となったきょう1日、切なくも美しい、最新予告映像が解禁となった。



【動画】菅田将暉×原田美枝子、映画『百花』予告編



 本作は、映画プロデューサー・脚本家として『告白』『悪人』『モテキ』『世界から猫が消えたなら』『君の名は。』など多数の映画を製作してきた川村元気が、自身の体験をもとに執筆した小説を自ら脚本化し、初めて長編映画の監督も務めた意欲作。



 記憶を失っていく母と向き合うことで、母との思い出を蘇らせていく息子・葛西泉役を菅田、すべてを忘れていく中、さまざまな時代の記憶を交錯させていく母・百合子役を原田が演じるほか、泉の妻・香織役で長澤まさみ、百合子と因縁のある浅葉洋平役で永瀬正敏が出演する。



 解禁された予告映像には、記憶を失っていく母・百合子と、思い出を取り戻していく息子・泉、そして、二人に深く関わっていく香織と浅葉の姿を切り取った映像が散りばめられている。



 泉の名を強く叫ぶ百合子、「ごめん…」と涙を流す泉など、物語の核心に迫る重要な場面が続いていく中で、百合子が口にする「半分の花火、見たい。」という謎の言葉。「半分の花火」の本当の意味に気づいた時、母の秘められた想いが明かされることになる。新たに載せられた美しい歌声も印象的であり、音楽と映像美が感動を誘う予告映像となっている。

カテゴリ