aespa、日本初上陸へ 8月に初来日イベント4公演開催決定

aespa、日本初上陸へ 8月に初来日イベント4公演開催決定

 SMエンターテインメント所属の4人組ガールズグループ・aespa(エスパ)が初来日することが決定した。8月6・7日に横浜・ぴあアリーナMMで『aespa JAPAN PREMIUM SHOWCASE 2022 〜SYNK〜」を2日間計4公演開催する。



【写真】日本人を含む4人のメンバー+アバターで構成されるaespa



 少女時代、Red Velvetの妹分グループのaespaは、2020年11月に「Black Mamba」でデビューした多国籍グループ。韓国人のKARINA(カリナ)、WINTER(ウィンター)、日本人のGISELLE(ジゼル)、中国人のNINGNING(ニンニン)からなる4人のメンバーと、アバター(メンバーの分身となるキャラクター)で構成されている。



 「自分のもう一人の自我であるアバターに出会い、新しい世界を経験する」というユニークな世界観をもとに活動し、デビュー曲「Black Mamba」のミュージックビデオは、K-POPアーティストのデビュー曲史上最速の51日でYouTube再生数1億回を突破。世界的に大きな注目を集めている。



 5月27日には日本公式サイトとツイッターアカウントが突如開設され、6月1日午後6時に向けた謎のカウントダウンがスタート。日本のファンの期待感が高まるなか、初の来日イベント開催が発表された。8月6日・7日いずれも昼夜2公演が行われる。



 唯一無二の世界観を生で体感できる初のチャンスとなる公演のチケットは、きょう1日に開設された「aespa OFFICIAL MAIL MAGAZINEサイト」で先行予約がスタート。また、韓国では、2ndミニアルバム『Girls』を7月8日にリリースすることも予告された。
カテゴリ