記憶を失くした売れない役者がヒーローとして覚醒!?『バッドマン』予告編解禁 期待通りのコメディ

記憶を失くした売れない役者がヒーローとして覚醒!?『バッドマン』予告編解禁 期待通りのコメディ

 日本の大人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化し、日本・フランスでヒットを飛ばした『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』のチームが再び集結。新作アクション・コメディ『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』が7月15日より、東京のヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋ほかにて全国公開される。



【動画】『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』予告編



 役者のセドリックがやっと掴んだスターへの切符。それは、ヒーロー映画「バッドマン」の主役。しかし、撮影途中に事故に遭い記憶を失ってしまう。なぜこんなスーツを着てこんな車に乗っている? そうか、オレはスーパーヒーローだったのか――! 勘違いヒーローに世界の運命は託される!?



 監督・主演は、『シティーハンター』同様フィリップ・ラショー。脇を固めるのは、タレク・ブダリ、ジュリアン・アルッティ、そしてエロディ・フォンタンのおなじみの面々に加え、セザール賞俳優ジャン=ユーグ・アングラードも出演。



 そして、あのインポッシブルな超大物ハリウッド俳優までカメオ出演!? ハリウッドのアメコミヒーロー作品をリスペクトし、数々の名場面に笑いを加えラショー流エンタメに作り上げた本作。コロナ禍のフランスで公開され、人々に勇気と笑顔を届け、大ヒットを記録した。



 解禁された予告編映像では、ヒーロー映画「バッドマン」の主演に抜てきされ、ようやくスターになる切符を手にした売れない役者セドリックが、 “バッドモービル”など、映画のセットを家族に自慢するなど有頂天になっているときに事故に遭い記憶を失ってしまうシーンが映し出される。



 気が付いた時、自ら纏う衣装と乗っていた車から本物のヒーローだと勘違いしてしまうセドリックだったが、それを知った友人や家族は必死に真実を伝えようとするが…という内容。声が聞こえていないのにえらそうに忠告をしたり、飛び道具がちゃちかったりと、勘違いヒーローの滑稽な姿が楽しめる。



 さらには、あの『スパイダーマン』の名シーンが、ありえない展開に! さすがは、あの『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』のチームがアッセンブルしただけある期待を裏切らない作品に仕上がっていることを予見させる。公開が待ち遠しい。



(C)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION (C)STUDIOCANAL (C)Julien Panie

カテゴリ