ジャンプ落語漫画『あかね噺』1巻発売記念 山口勝平&茜親子の父娘共演ボイスコミック公開

ジャンプ落語漫画『あかね噺』1巻発売記念 山口勝平&茜親子の父娘共演ボイスコミック公開

 『週刊少年ジャンプ』で2月より連載がスタートした落語漫画『あかね噺』(あかねばなし/原作・末永裕樹 作画・馬上鷹将 落語監修・林家けい木)のコミックス第1巻が3日、発売された。大人気漫画『ONE PIECE』の著者・尾田栄一郎氏からも「ハイ好き! 頑張れあかね!」という推薦コメントが寄せられている。



【写真】美人過ぎる!山口勝平の娘・山口茜



 また、本作の1巻発売を記念して、ジャンプ公式YouTube「ジャンプチャンネル」にて、第1話のボイスコミックを4日より前・後編にわけて公開。TVアニメ『ONE PIECE』のウソップ役をはじめ、多数の人気作品で活躍、落語家としても活動する声優・山口勝平と、同じく声優・落語家である山口茜の親子が“父娘”役で共演している。



 いきいきとしたキャラクターと臨場感溢れるコマにのせた、茜演じる主人公・桜咲朱音(おうさき あかね)とその父で落語家の阿良川志ん太(あらかわ しんた)こと桜咲徹(おうさき とおる)役・勝平、2人の“父娘”の掛け合いは必聴で、。勝平は古典落語「芝浜」の一部も披露している。



■山口勝平コメント

尾田栄一郎先生のオススメで読ませていただきました! 初めて読んだ感想は『うっわめっちゃ面白い!』 1話からもう衝撃展開! これから続きが気になる気になる…!



■山口茜コメント

何気ない親子のシーンがとても愛おしい! 朱音ちゃんを見守ってくれる濃くて優しいキャラクター達もとても素敵です。落語家として成長していく朱音ちゃんをこれからも応援し続けます!



■『あかね噺』あらすじ

幼い頃、父の魔法の様な落語に魅せられた朱音は、父のある一席を機に自身も噺家としての道を歩み始める。17歳になった朱音が目指すのは落語界の最高位「真打」になること――。一流の技量を習得するため、様々な試練を乗り越えていく朱音…!? 新生落語ヒロイン、ここに誕生。
カテゴリ