木梨憲武、ごほうびは妻・安田成美からの「面白かった」 共同作業で展示を決める

木梨憲武、ごほうびは妻・安田成美からの「面白かった」 共同作業で展示を決める

 お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武(60)が3日、東京・上野の森美術館で『木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-』のプレスビューに登場した。



【動画】「石橋キャプテンには…」とんねるずの今後の活動に言及した木梨憲武



 同展は、木梨自らがすべての会場で展示方法を決め、会場ごとに雰囲気の違う木梨憲武流の美術展。ニューヨークやロンドンでの個展で発表した『OUCHI』や『REACH OUT』シリーズや『木梨憲武展×20years』での人気作まで、絵画だけではなく、ドローイング、映像、オブジェなど自由な発想による作品約200点を展示する。



 また、AR(拡張現実)技術を利用して、“木梨ワールド”をより楽しめるコンテンツもあり、あす4日から26日まで開催。「2年間、コロナ禍で延びました。2年間ぐらいで作ったものがプラスαされた展覧会になった」と延期も木梨らしくポジティブにとらえていた。



 各地で妻の安田成美と共同作業で展示方法を決めていた。労いのごほうびのような言葉をもらったか問われた木梨は「ごほうびは、きのうの『スッキリ!』で『面白かった』。生放送が終わってから、きのうは(『木梨憲武展』に)来たので。『面白かった』で、あ~よかった」と笑顔。その後、会場を回り、2人やスタッフと展示方法を決めたという。



 打ち上げについては「ほとんど家で打ち上がってますからね」と照れ笑い。きのう2日に浅草でスタッフ含め、天ぷらを食べたそう。「きょうあたりは、どぜうを」と重ねて笑いを誘っていた。

カテゴリ