磯村勇斗、初主演映画が完成「いつも以上に感極まってる」

磯村勇斗、初主演映画が完成「いつも以上に感極まってる」

 俳優の磯村勇斗、北村優衣、宇野祥平、城定秀夫監督が6日、都内で行われた映画『ビリーバーズ』(7月8日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。登壇者全員がおそろいの“ニコニコTシャツ”を着用して、チームワークの良さを垣間見せた。



【集合カット】ビタミンカラーのセットアップで北村優衣も登壇!豪華キャストら



 漫画家・山本直樹が独創的な感性と世界観で「カルト」の世界に切り込み、人間の欲望をあぶり出した同名漫画(小学館)が原作。ある孤島で共同生活をする2人の男と1人の女の行く末を描き、磯村は、純粋な信仰心と抑えきれない欲望の間で揺れ動く主人公・オペレーター役を演じた。



 今作で“映画初主演”を飾った磯村は、作品が無事に完成を迎え「とてもうれしいです。今まで舞台あいさつも何度かやらせてもらいましたが、今回はいつも以上に感極まってる」と喜びをかみ締めながら「ようやく自分が主演した『ビリーバーズ』を皆さんに見てもらえるのは光栄なことですし、ここからスタートするとワクワクしています」と期待に胸を膨らませた。



 また、作品になぞらえて「もし孤島に行くなら絶対に持っていく物は?」と問われた磯村は「俺はダンボール。防寒にもなるし、いろんな使い方ができる。燃やすこともできるし…、でも火は自分で起こさなきゃいけないか(笑)」と笑顔で回答。同様の質問に北村は「ナイフ」、宇野は「牛を連れていけばミルクが飲める」と答えていた。
カテゴリ