映画『ドラゴンボール超』“最悪の誕生”映像が公開 ピンチの悟飯やピッコロたち

映画『ドラゴンボール超』“最悪の誕生”映像が公開 ピンチの悟飯やピッコロたち

 映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が6月11日に公開されることを記念して、特別映像の第3弾「最悪の誕生編」が公開された。



【動画】悟飯やピッコロがピンチ!最悪誕生の『ドラゴンボール』最新映像



 解禁となった映像は、「レッドリボン軍の復活は近いぞ!!!」というマゼンダの不穏な言葉からスタートする。孫悟空により壊滅した悪の組織〈レッドリボン軍〉の復活を計画しているマゼンダたち。彼らは、悟空たちの強さを認識しながらも一切怯む様子がなく、むしろ世界の制圧に絶対の自信を見せる。それもそのはず、彼らには天才科学者Dr.ヘドが生み出した最強の人造人間ガンマ1号・ガンマ2号という二人の“ヒーロー”がいるからだ。



 彼らは自身の正義のために命令を実行するスーパーヒーロー。その存在にいち早く気付いたピッコロは悟飯とともに戦いを挑む。そして、開幕するド迫力の超(スーパー)バトル。一進一退の攻防が繰り広げられるが、ガンマ1号・2号のその圧倒的なパワーを前に悟飯やピッコロたちは次第に追い詰められていく。



 果たして、悟飯たちは地球の平和を守ることができるのか。さらに最後には、マゼンタの「起動してしまえ~」という掛け声と共に、謎の球体から液体が吹き出しはじめ…そしてついに、誰も見たことのない“最悪”が誕生する。



■映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』あらすじ

 かつて、孫悟空により壊滅した悪の組織<レッドリボン軍>。その意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生みだした。彼らは自らを「スーパーヒーロー」と名乗り、ピッコロ、悟飯らを襲い始め…。<新生レッドリボン軍>の目的とは?迫りくる危機を前に、今こそ目覚めよ!スーパーヒーロー!!

カテゴリ