若月佑美、初の殺陣シーンに悪戦苦闘 不安ちらりも谷口賢志が断言「素晴らしい」

若月佑美、初の殺陣シーンに悪戦苦闘 不安ちらりも谷口賢志が断言「素晴らしい」

 俳優の若月佑美と有馬爽人が10日、東京・日本青年館ホールで、Wキャストで主演を務める舞台『薔薇王の葬列』の公開ゲネプロと取材会を開催した。



【集合カット】男女Wキャスト!ダークな世界観を纏う若月佑美、有馬爽人ら



 原作は2013年から『月刊プリンセス』(秋田書店)にて連載され、今年1月に本編完結を迎えた菅野文氏によるダークファンタジー。シェイクスピアが描いた狡猾で残忍なピカレスク、というイメージで知られるリチャード三世を、男女二つの性を持って生まれた秘密を抱える存在として翻案。15世紀のイングランド、ヨーク家とランカスター家が王位継承をめぐって争いを繰り返した薔薇戦争を背景に、大胆かつ深奥な解釈とアレンジによって見事な換骨奪胎(かんこつだったい)をほどこし、まったく新しいリチャード三世の物語を生み出した。



 優美な殺陣のシーンも見どころだが若月は「2人とも殺陣というか、剣を使うアクションが初めて。基礎の基礎。剣を抜くところからやる段階だった」と打ち明ける。「そこから、たくさんのご指導をいただいて、今はなんとか形になっている。薔薇戦争が舞台なので、そこにしっかりと説得力を持たせないといけないなと思って早めに練習を重ねました」と鍛錬の日々を思い返す。一方の有馬は「早めにけいこしたのがデカかった。それだからこそ今は自信を持って初日を迎えることができる。不安はないです」と宣言。“不安なし”に若月が驚くと、谷口賢志は「(不安は)ないです。大丈夫です。2人とも素晴らしい」と代弁していた。



 また、これまで数多くのアクションをこなしている和田琢磨は「今回、アクションがあるのかなと思って万全の状態でけいこに臨んだんですけど逃げ回る役で(笑)。心苦しいんですけど、皆さんが汗だくになっている袖でスタンバイしているという…」と苦笑い。それでも「谷口さんが豪快でステキな殺陣まわりをしている。袖で見守りながら刺激を受けています」と話していた。



 舞台『薔薇王の葬列』は、きょう10日から19日まで同所で上演。
カテゴリ