SKE48、全額返金保証公演で217人中6人に返金「悔しい」「これからの伸びしろ」

SKE48、全額返金保証公演で217人中6人に返金「悔しい」「これからの伸びしろ」

 アイドルグループ・SKE48のチームSが11日、名古屋・栄のSKE48劇場で初の試みとなる全額返金保証公演『愛を君に、愛を僕に』を1日限定で開催した。



【写真22点】SKE48初の試みとなる全額返金保証公演に臨んだチームS



 プロデューサーに小室哲哉を迎えた本公演は、5月28日に11年ぶりのオリジナル公演として初演を迎え、この日が2回目。メンバーの自信と覚悟の証として、この日の公演に満足できなかった観客にチケット料金を全額返金する「#SKE48全額返金保証公演」を1日限定で開催した。



 満員御礼で幕を開け、チームSリーダーの松本慈子が「本日は全額返金保証公演になります。皆さんの素敵な思い出に残る公演にしたいと思いますので最後までよろしくお願いします」とあいさつ。自己紹介MCでも「全額返金なんてさせませんからね。むしろ、2倍、4倍、10倍払いたいと思ってもらえるような勢いでお値段以上な公演をお見せします」と頼もしく宣言した。



 本編最後の曲「ともだち」の前には、副リーダーの上村亜柚香が「今のSKE48は私たちなんだよって、自信を持って私たち自身もこの公演と共に成長していきたいと思います」と誓い、松本は「今日は全額返金を保証した公演ですが、これからは公演の感動を保証します」と言葉に力を込め、劇場は大きな拍手に包まれた。



 返金希望者は、終演後のメンバーのお見送りのあと、事前に配布されている返金希望券をボックスに投函する形が取られ、結果、217人の来場者のうち6人が希望し、返金されることになった。



 松本は「6人返金というのは素直に悔しいですが、逆にとらえれば200人以上の方に満足して楽しんでいただけたと受け止めることができるので、6という数字はこれからの伸びしろだと思って、次に全額返金保証公演に挑戦することがあれば、さらに成長したTeam Sをお見せできるようこれからも頑張ります」と気合いを入れ直した。運営も「よりよい公演を作っていけるよう、メンバー、スタッフともさらに気を引き締めて取り組んでまいります」としている。



 なお、本公演の楽曲を集めたアルバム『愛を君に、愛を僕に』が8日にリリースされ、6/7付オリコンデイリーアルバムラキング1位に初登場した。
カテゴリ