ダンボール製家具を手掛ける「カミカグ」が販売に先駆けプロモーションビデオを公開

ダンボール製家具を手掛ける「カミカグ」が販売に先駆けプロモーションビデオを公開


東大発のベンチャー「カミカグ」は、オフィス移転と共に、正式に生産設備を整え、本格始動することを報告した。また始動に先駆け、メイン商品であるダンボール製の椅子、「The Stool」のプロモーションビデオを6月5日(日)の世界環境デーに公開した。

東大の講義をきっかけにスタート



同社は、デジタル技術を駆使した、意匠性と強度に優れた、ダンボールを主材料とする、ダンボール製家具の制作プロジェクトとして東京大学の講義をきっかけにスタートした。

2021年12月に法人化し、本格的に事業化に取んできた。そしてこの度、墨田区内に生産拠点を確保し、加工用のカッティングプロッタを正式に導入、自社で生産・開発を開始した。

これに伴い、販売・開発をますます強化し、昨今急速に注目を集めている、ダンボール製家具の更なる発展・普及を目指すという。

「紙で暮らし、軽やかに」



カミカグは本格始動に先駆け、メイン商品である「The Stool」のプロモーションビデオ(PV)を公開した。


同PVのテーマは「紙で暮らし、軽やかに」。カミカグはダンボール製家具の販売に留まらず、現代の暮らし方に寄り添う「紙の家具」のある暮らしを提案する。


日々変わっていく思考や暮らし方の中で、少し重たく感じてしまう、いつもそこにある家具。軽やかな暮らしを実現するツールとしての紙の家具を表現したPVとなっている。


紙の家具がポジティブな選択肢になり、軽くて美しい紙素材の使用が当たり前の世界に一歩近づくようにとの想いを込めて制作した。同PVはECサイトおよびInstagramにて公開している。

環境配慮と家具


世界的なSDGsの推進の中、環境配慮の商品が注目されている一方、家具における環境配慮の選択肢は限られている。中古品のリユースや、オーガニック素材の採用など、従来の選択肢に捉われない、新しい家具の選択肢としての紙製家具を同社は提案する。そうした環境配慮の観点での気づきを与えられるPVになれれば、との想いからPV公開した。

カミカグについて


カミカグはダンボールが持つ、環境負荷が小さく、軽く、処分がしやすいという特長に着目し、ダンボール製家具を美しい「紙の家具」としてリブランディングする新しい家具ブランド。

今後も意匠性の高い商品ラインナップの展開を予定しており、同PVはその第一弾となる。今後も同社は「紙の家具」をツールとする軽やかで豊かな暮らしの実現に取り組んでいくという。

ダンボール製家具を美しい「紙の家具」としてリブランディングする「カミカグ」の思いの詰まったPVを観てみては。

公式ECサイト:https://kamikagu.myshopify.com/
公式Instagram:https://www.instagram.com/kamikagu/?hl=ja

制作協力:we's color
カテゴリ