日本初上陸の「HANDEP」がEC「Love&sense」で取り扱い開始

日本初上陸の「HANDEP」がEC「Love&sense」で取り扱い開始


フェアトレード商品の輸入・販売を行う福市が運営するEC「Love&sense」にて、インドネシアのサスティナブルブランド「HANDEP」の取り扱いがスタートする。

日本初上陸のサスティナブルブランド



「HANDEP」は、インドネシアのサスティナブルブランド。日本での取り扱いは「Love&sense」が初めてとなる。


同ブランドはインドネシアのボルネオ島、中部カリマンタンに拠点を置き、主にラタンを使って、バッグやアクセサリーなどのファッションアイテム、インテリア用品、アパレルなどを展開している。

また、地元の知恵や伝統に沿った持続可能な村の経済を生み出すことを目的としており、地元の天然資源を利用し、持続可能なファッションや室内装飾製品を作成することにより、女性や小規模農家に力を与えている。

フェアトレードの原則で取り組んで生産


「HANDEP」のサスティナブルへのこだわりは徹底されている。素材の調達、製造工程はもちろん、使っている生地への配慮が行われ、フェアトレードの原則で取り組んで生産されている。

結果として、高品質・できる限り土に還る・天然染料・森林保護・フェアトレードによる収入向上・地域の伝統文化の継承を実現している。

さらに、2021年にはEARTH COMPANYが主催する「IMPACT HERO 2021」のファイナリストにも選ばれた実績をもつ。

熱帯地域に自生するラタンを使用


ラタンは熱帯地域に自生し、古くから伝統工芸品や日用品、家具など様々な用途に活用されてきた植物。生えている木を利用して成長するため、単一栽培ができず森林がある環境のみでしか育たない。

そんなラタンは、東南アジアの農村部の人々の生活を支えている非常に貴重な資源であり、カリマンタン島は地球上のどこよりも多くのラタンを生産している。

しかし近年では、パーム油採取のためのパームヤシ農園の拡大の影響により、ラタンの大規模な伐採が危惧されているという。

現地職人が持っている柄×既存のバッグ


同ECサイトで取り扱われるのは、現地職人が持っている柄と既存のバッグを組み合わせた「Love&sense」とのコラボ商品。


「ラタン・コットントートバッグ」¥16,500(税込)や、


「ラタン・トートバッグ」¥11,000(税込)は、シンプルで上質なトートで、大人の女性にぴったり!


テトラ型の「ラタン・コットントライアングルバッグ」¥14,300(税込)は、キュートなデザインで夏服にアクセントを添えてくれる。


そのほかにも「ラタン・ポーチ」¥8,580(税込)や、


「ラタン・アクセサリー(ピアス・イヤリング)」¥5,280(税込)などがラインアップ。なお、商品は手作りのため、柄がそれぞれ異なる。

サスティナブルにこだわった「HANDEP」のバッグやアクセサリーを、この機会にゲットしてみては。

「Love&sense」ウェブサイト:https://www.love-sense.jp/
カテゴリ