フランスで選ばれた「Kura Master日本酒コンクール 2022」の受賞酒が、HPで発表

フランスで選ばれた「Kura Master日本酒コンクール 2022」の受賞酒が、HPで発表


Kura Master運営委員会が、フランス・パリにて開催された「Kura Master日本酒コンクール2022」において、エントリー上位33%に授与されるプラチナ賞と金賞受賞酒、および、プラチナ賞の中から、決勝に進出したトップ16銘柄、各カテゴリーのトップに選出された「審査員賞」5銘柄を、公式HPにて発表した。

1110点の日本酒を審査


5月23日(月)に開催され、今年で6回目となる、フランスの地で行うフランス人のための「Kura Master日本酒コンクール」。

年々規模が拡大しており、今回はこれまでで最多となる総勢91人の審査員、1110点の日本酒が審査に挑んだ。

審査カテゴリーは全5部門


審査カテゴリーは全5部門。

選ばれたのは<純米酒部門>が宮城県「一ノ蔵」の『祥雲金龍 純米吟醸』、<純米大吟醸酒部門>が、栃木県「外池酒造店」の『燦爛 純米大吟醸 夢ささら』、<サケ スパークリング部門>が富山県「富美菊酒造」の『羽根屋 スパークリング』、<生酛部門>が秋田県「天寿酒造」の『生酛仕込純米酒 鳥海山』、<古酒部門>が佐賀県「天山酒造」の『天山 純米 全麹仕込み 20年熟成』だ。

また昨年同様、今年も「本格焼酎・泡盛コンクール」を同時開催し、エントリーされた193銘柄の本格焼酎・泡盛の審査も行われた。

日本酒と食のペアリングを評価する特別賞



さらに、今年初の試みとして新設された、日本酒と食のペアリングを評価する特別賞「アリアンスガストロノミー賞」は、和歌山県「中野BC」の『CHOKYU 1997』が受賞。

フロマージュ大国であるフランスにおいて、フランス人にとってまだ飲み慣れていない古酒とフロマージュの相性を提案することで、古酒だけでなく日本酒全般とフロマージュのペアリングを知ってもらい、新たな味覚の発見を普及させることに繋がることを期待しているそう。

7月6日(水)に「プレジデント賞」を発表


なお、7月6日(水)に在フランス日本国大使館公邸で行われる「Kura Master 日本酒コンクール2022」授賞式では、プラチナ賞に選出された日本酒の中から、審査委員長のグザビエ・チュイザ氏が選出した「プレジデント賞」1銘柄が発表される。

日本が誇る日本酒から、どの銘柄が選ばれるのか注目だ!

公式HP:https://kuramaster.com/ja/
カテゴリ