フレンチプレス器内臓のタンブラー「SMT Coffee Pressca」登場

フレンチプレス器内臓のタンブラー「SMT Coffee Pressca」登場


女性向けに在宅ワーク講座や会を開催するハハサスは、ブラジル企業Pressca Naxosの日本販売代理店となった。

ハハサスは、フレンチプレス器を内蔵した携帯タンブラー「SMT Coffee Pressca(プレスカ)」を、クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行予約販売中だ。

コーヒーメーカーを内蔵した携帯タンブラー



同商品は、フレンチプレス式のコーヒーメーカーを内蔵した携帯タンブラー。​コーヒー豆生産量世界一の本場ブラジル生まれの商品だ。


同商品は、豆の味をダイレクトに味わえると人気のフレンチプレスコーヒーメーカー。湯と粉さえあれば、いつでもどこでもコーヒーを淹れることができ、淹れたてをそのまま味わえる。

保温性が高く、最大30分間は熱々の温度に



液体と容器の間に空気の層が作られ、保温性を高める断熱二層構造のため、最大30分間は熱々の状態で、さらに1時間後も温かく保つことができるという。

「作業が一区切りした時には“コーヒーが冷たい”」というデスクワークのプチストレスを解消してくれるコーヒーツールだ。


同商品は、コーヒーだけでなく、緑茶やハーブティーも楽しめる。

手入れ簡単でサステナブル



底蓋を開けて、コーヒーかすをまとめて取り出せるため、手入れが簡単なのも嬉しいポイントだ。

コーヒーかすは除湿剤や消臭剤、肥料にも使えてサステナブル。使い捨ての紙フィルターを使わないことも、ゴミの量を減らせる環境にやさしい商品となっている。

最大35%引きの先行者割引特典



「SMT Coffee Pressca」の容量は350mlで、カラーはブラックとブラウンの2色。販売予定価格8,900円(税込)だが、Makuakeにて6月10日(金)12:00~7月30日(日)18:00の期間中は先行予約販売が行われている。

先行予約販売の期間中は、セット割、超超早割、超早割など、最大35%引きの先行者割引特典が用意されている。詳細は、Makuakeのプロジェクトページをチェックしてみて。

SDGs活動の貢献に



ハハサスの社名は、「母のサステナブルなはたらき方」を略したところから名付けられたという。

同社代表の谷口氏は、2人の子供を育てる母親でもあり、子育て中でも、家事・育児をしながらでも、自宅から地球の裏側ブラジルの企業とでも仕事ができるはたらき方があることを、今回のプロジェクトを通して伝えていきたいと考えているとのこと。


同社は、はたらき方はもちろん、普段自分たちが使うものにおいても使い捨てではない“サステナブル”を目指しているそう。

同商品なら、紙フィルターを使わずに美味しいコーヒーやお茶が飲むことができるため、1人1人の紙の量は全体から見たらわずかかもしれないが、この小さな一歩がSDGsの活動に貢献すると信じているという。

この機会に「SMT Coffee Pressca」を手頃に手に入れてみては。

Makuake:https://www.makuake.com/
プロジェクト名:【豆本来の味を抽出して即コーヒータイム】ブラジル発 フレンチプレス搭載タンブラー
カテゴリ