是枝裕和、報道陣に“珍要求” 「いずれチャンスがあれば」の文言掲載を呼び掛け

是枝裕和、報道陣に“珍要求” 「いずれチャンスがあれば」の文言掲載を呼び掛け

 5月に開催された「第75回カンヌ国際映画祭」で主演のソン・ガンホが最優秀男優賞を受賞し、独立賞のエキュメニカル審査員賞を受賞した映画『ベイビー・ブローカー』(6月24日公開)の是枝裕和監督(60)が13日、都内で凱旋記者会見を行った。



【動画】帰国後そのまま会見へ!『ベイビー・ブローカー』主演ソン・ガンホとの撮影を振り返った是枝裕和監督



 是枝監督作品のコンペティション部門への出品は、パルムドールを受賞した2018年『万引き家族』以来4年ぶり、6回目(出品自体は、8回目)となったが、今回の『ベイビー・ブローカー』は、韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した是枝監督初の韓国映画としての出品であったことに世界的な注目が集まっていた。



 惜しくもパルムドールは逃したが、ソンが韓国人俳優として初の最優秀男優賞を受賞する快挙も達成した。是枝監督作品で最優秀男優賞を受賞するのは、2004年『誰も知らない』で柳楽優弥が受賞して以来、2人目。



 受賞後に是枝監督は英語圏での製作に興味を示すコメントを残していた。これについて問われた是枝監督は「『いずれチャンスがあれば』と言ってしゃべると『いずれチャンスがあれば』がなくなっちゃうんだよね(笑)。英語圏で撮りたいだけで残ると、自分の今やろうとしていることとズレる。『いずれチャンスがあれば』を削らないようにしてください」と報道陣に“珍要求”。



 また、カンヌのパーティーでは、ハビエル・バルデムら世界的スターとも交流した。「そういう人たちを頭の中で組み合わせて『こんな物語はどうなんだろう』と考える」と監督ならではの思考を明かしながら「いずれチャンスがあればやってみたい」とオチをつけ、報道陣を笑わせた。



 映画『ベイビー・ブローカー』は、“赤ちゃんポスト”をきっかけに出会った、赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男たち、そして彼らを現行犯逮しようと静かに追いかける刑事――彼らが絡み合いながら繰り広げる、一風変わった旅路を描く。

カテゴリ