井上小百合、“湊”草川拓弥の元カノ役 『みなと商事コインランドリー』出演決定

井上小百合、“湊”草川拓弥の元カノ役 『みなと商事コインランドリー』出演決定

 5人組ダンス&ボーカルグループ・超特急の草川拓弥が、テレビ東京のドラマParavi枠『みなと商事コインランドリー』(7月6日スタート 毎週水曜 深0:30)。主人公・湊(草川)の元カノ・町田咲を演じる井上小百合の出演が決定した。



【写真】壁ドンして…劇中で描かれた“BL”シーン



 物語の主人公は、古びたコインランドリー「みなと商事」の管理人でアラサー男子の湊晃(草川)。ある日、イケメン男子高校生・香月慎太郎(西垣)が客として訪れ、歳の差を越えて仲良くなる二人だったが、湊がゲイであることがバレてしまい、“恋 の歯車が勢いよく回り始める。それぞれが胸の中にしまっていた本当の自分の気持ちとは一体…。恋愛に歳の差や性別など関係ない。男性同士、駆け引き無しのまっすぐでピュア過ぎる、ちょっぴりホットな真夏のラブストーリーを描く。



 さらに今作のエンディングテーマが、5人組ロックバンド・帰りの会の「朔日」に決定した。「届きそうで届かないような」といった作品とリンクする歌詞と、儚くも芯のある歌声がドラマのエンディングを優しく締めくくる。



<井上小百合>

台本を読んでみて、登場人物皆がひたすらに純粋で、そんなところがもどかしくて、とても爽やかな作品だなと感じました。



今回演じる町田咲は原作にはない人物なので、どのような人物像に仕上げていくか監督と話した中で、咲は「性別というもの」を感じさせない人柄であり、晃にとっては「人として」とても魅力的な人だったのだろうなと感じました。また、咲の相手がどうであれ「誰かを好きになって、楽しかったり、傷ついたりする」という感覚は、とても共感できましたし、人を思う強さや優しさ、咲の健気な人柄や心の機微をシンプルに表現できればと思いました。



出会って恋をして、自分の好きな人が自分のことを好きになるって、とてつもない奇跡だと思います。それが例え男であろうが女であろうが、人を好きになるという事はとてもすてきで美しいことなので、この作品を通してそんな時間を、さまざまな壁をこえて、共有できたらうれしいなと思います! 淡くも温かい気持ちにさせてくれます。
カテゴリ