今田美桜“麻理鈴”が最後の賭けに出る 『悪女(わる)』最終話あらすじ

今田美桜“麻理鈴”が最後の賭けに出る 『悪女(わる)』最終話あらすじ

 俳優の今田美桜が主演する、日本テレビ系連続ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(毎週水曜 後10:00)。このほど15日に放送される最終話(第10話)の場面写真・あらすじが公開された。



【写真】クランクアップを迎え寂しさをのぞかせた江口のりこと花を渡した今田美桜



 1997年まで『BE・LOVE』(講談社)で連載されていた深見じゅん氏原作の大人気コミックが、30年の時を経て、再びドラマ化。やる気と根性は人一倍、けれどマイペースすぎて組織からはみ出しがちな田中麻理鈴(今田)が、会社の最下層から駆け上がっていく出世エンターテインメント。



■第9話あらすじ



「女性の管理職五割計画」(通称:JK5)が、「オウミ」に不協和音を生んでいる…。初めて峰岸(江口のりこ)に反発した麻理鈴は、「JK5」から出ていくよう命じられた。落ち込む麻理鈴だったが、小野(鈴木伸之)に励まされ、担当中の「女性の管理職育成研修」で峰岸が認めるだけの結果を出そうと決意する。



さっそく「JK5」に「分室」を作った麻理鈴は、企画開発部で孤立してしまった笹沼(ソニン)や、仕事と育児を巡って離婚の危機に陥ったマミコ(桜井ユキ)の問題を解決しようと奔走し始める。一方、T・Oさん(向井理)が影でリストラを進めていると疑っていた小野と山瀬(高橋文哉)は、彼のもくろみを知り…。



社長の島田(小木茂光)から「JK5」の打ち切りをチラつかされ、焦る峰岸。一方、麻理鈴は、笹沼やマミコが直面している問題を解決するためには、働く男性が抱えている課題にも向き合う必要があると気付くが、「管理職研修」からは人がどんどん離れていく。それでもメゲることなく、梨田(石橋静河)や川端(近藤春菜)の協力のもと、社員が匿名で悩みを相談しあえる場所=「雑談ルーム」をウェブ上に開設した麻理鈴。すると、相手を否定しないというルールが課せられた「雑談ルーム」には、社員たちのさまざまな本音が集まり始め…。



そんな中、「JK5」を巡って思いがけない事件が発生。峰岸は責任を問われる立場に陥ってしまった。麻理鈴は、峰岸と共に仕事を続けるために、そして「オウミ」の未来のために、最後の賭けに出る。
カテゴリ