純烈・小田井「結成当時、真っ先に辞めたかった」 リーダー酒井への“不満”と卒業決めた“真相”を告白

純烈・小田井「結成当時、真っ先に辞めたかった」 リーダー酒井への“不満”と卒業決めた“真相”を告白

 4人組歌謡グループ・純烈が、きょう15日放送のフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』(毎週水曜 後9:00)に出演。年内いっぱいでグループを卒業する小田井涼平が、リーダー・坂井一圭への不満を明かす。



【場面カット】明石家さんま「笑わせにいっているよなー」 純烈4人で息の合ったトーク



 今回は、明石家さんまの前に、純烈、ハナコ、ジャングルポケットがそろい、「グループ内の不満爆発!リーダーへの不満 集団人生相談」トークを展開する。さんまはゲストたちを「完全にお笑いトリオが全員そろったな」と表現し、“紅白歌手”である純烈に向けては「一番派手やし、笑わせにいっているよなー」と盛り上がる。



 純烈といえば、小田井が年内で卒業することが決まっており、新メンバーが誰になるのかが注目を集めている。さんまが「辞めさせられるんやろ?」とツッコむと、小田井は「めちゃめちゃ不満があって辞めるみたいじゃないですか(笑)」と言いながら、リーダーの酒井に対して言いたいことがある様子。



 小田井は「結成当時、真っ先に辞めたかった」と、当時の酒井の話がうさんくさかったと振り返り、歌の経験もないのに「何ヶ月後にはデビューも決まっている。2年後は紅白も決まっている」と豪語されたなど、数カスのエピソードにスタジオは驚きを隠せず。ほかのメンバーからも、酒井が“桃太郎のきびだんご”方式でそれぞれを口説いたという結成秘話が明かされる。



 当時大学生だった最年少の後上翔太は、学校を辞めなければならなかった状況について「今思えば…」と恨み節。そんな“うさんくさい”リーダー・酒井に対してメンバーの不満が爆発するたびに“クレームの窓口”となってきたという小田井が、当時の心境をせきららに告白しながら、なぜ関係が今まで続いてきたのかを語る。



 また、そうした中で小田井がこのタイミングで卒業を決意した真相を告白。評論家たちは「純烈のチームIQが高い」「純烈は小田井さんが辞めちゃうとヤバい」と分析し、酒井は「小田井さんの夢のために送り出すのですが、いなくなると激痛なんです」と本音を漏らす。新しいメンバーを探しているところだというが、酒井にとっては『ホンマでっか!?TV』チームにもひとり魅力的な人材がいる様子。すると、評論家からは「女性を入れた方がいいのでは」との提案も飛び出す。



 ハナコは、リーダーの岡部大に対して「もっと自信を持ってほしい、ボケるときに緊張したり、照れ笑いしたり恥ずかしがるのはやめてほしい」という声があがる。またジャングルポケットは、リーダーの太田博久が「意見を言っても通らない」と言われるが、逆に「おたけは自分さえ売れればいいと思っている」と不満をぶちまける。
カテゴリ