イメージにマッチした日本酒を提案!東武百貨店池袋本店に日本酒ソムリエAIを設置

イメージにマッチした日本酒を提案!東武百貨店池袋本店に日本酒ソムリエAIを設置


嗅覚のデジタライゼーションによって新たな顧客体験を提案する「SCENTMATIC」は、6月9日(木)より期間限定で、東武百貨店 池袋本店B1F 和洋酒売場に、「やさしい」「頼もしい」「明るい」などの“ギフトを贈りたい相手”のイメージを選ぶことで、その“イメージ”にマッチした日本酒を提案するAIシステム「KAORIUM for Sake」小売店向けサイネージ5台を設置。

非対面でもぴったりのお酒が見つかる


例年混雑が予想される“父の日ギフト需要”を見込んで、AIが店舗スタッフに代わり日本酒選びをお手伝いする。これにより非対面でも、来店者が、その日の気分や好みの味わいに合ったお酒選びや、贈りたい相手に合ったギフト選びができるという試みだ。

KAORIUM for Sake



「KAORIUM for Sake」は、インターネット上の膨大な言語表現と人の感じ方を学習したAIに、1万以上の日本酒の風味・感性データと酒ソムリエの感性を学習させた最先端のAIシステム。AIによって言語化されたお酒の風味を頼りに、直感的に好きな日本酒を探すことができる。


例えば、店頭のサイネージに表示される言葉の中から、その日の気分に合った言葉(「癒やされたい」「ワクワクしたい」など)、または好みの味わいに合った言葉(「個性的」「フルーティー」など)を選んでいくと、AIが店内にある日本酒とのマッチ度を計算し、相性の良い日本酒を提案する。

マッチする日本酒TOP3を提案



この度、売場に設置される同システムには、ギフトとして日本酒を贈るシーンに合わせて、ギフト体験のための新機能を搭載。「お酒を贈りたいあの人はどんなイメージ?」という質問と共に、相手を連想させる言葉が表示される。「やさしい」「頼もしい」「明るい」など最大3つの言葉を選択すると、AIが解析し、マッチする日本酒TOP3を提案する。

父の日などの贈り物シーズンで賑わう売場では、「ギフトとして日本酒を贈りたいが、ラベルやパッケージを見ても何を選べばいいかわからない」という相談が多くある。そんなユーザーの悩みに、「贈る相手はどんな人か?どんな性格か?」という人となりをもとに、AIがお酒をおすすめすることができるので、贈る相手の好みに合った提案ができると期待されている。

KAORIUMとは




「KAORIUM」は、同社が開発した香りと言葉を相互に変換するAIシステム。最先端のテクノロジーによって、曖昧で捉えにくい香りの印象を言葉で可視化したり、ある言葉に紐づく香りを導き出したりすることを可能にする。また、言葉を意識しながら香りを深く味わう体験は左右両脳を活性化し(※1)、私たちのまだ見ぬ感性への気付きをもたらす。香りと言葉をつなぐ今までにない体験が生み出す価値は、フレグランスの世界にとどまらず、感性教育、飲食体験、購買体験など様々な分野に新しいビジネスチャンスを生み出すものとして、その可能性に大きな期待が寄せられている。

東武百貨店 池袋本店で“イメージ”にマッチした日本酒を提案するAIシステム「KAORIUM for Sake」を試してみては。

■東武百貨店 池袋本店
住所:東京都豊島区西池袋1-1-25
公式サイト:https://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/

(※1)参照元「注意が脳での嗅覚処理に及ぼす影響―脳波計測により匂い呈示後1秒以内の脳活動の変化を検出―」
カテゴリ