ユアン・マクレガー、中継出演したイベントで語る「いつかアレック・ギネスのオビ=ワンになりたい」

ユアン・マクレガー、中継出演したイベントで語る「いつかアレック・ギネスのオビ=ワンになりたい」

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信中のオリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』に出演する、オビ=ワン・ケノービ役のユアン・マクレガーと、アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー役のヘイデン・クリステンセン、デボラ・チョウ監督が、米ロサンゼルスから中継で参加するイベントが16日、都内で開催された。



【画像】『オビ=ワン・ケノービ』で話題沸騰中、10歳のレイア姫



 同イベントには、ユアン演じるオビ=ワン・ケノービの日本版声優・森川智之と、「スター・ウォーズ」シリーズの大ファンであるお笑い芸人・ミキ(昴生・亜生)が登壇。森川は「ユアンに初めて会えた」と喜んでいた。



 「日本の皆さん こんにちは。このような形で本作のお話ができることがうれしいです。近々、来日もしたいです」。ヘイデンは「この時間をともに経験できることがうれしいです。シリーズを楽しんでくれているといいね」。デボラ監督は「こんにちは。 日本の皆さんに会えてうれしいです。本作を応援してくれてありがとうございます」と、それぞれあいさつした。



 ユアンは、オビ=ワン役で主演を務めることになった気持ちについて、「この役を再び演じることにワクワクしましたし、こうやって何年も経って再び演じることはすばらしいと思いました。デボラやヘイデンと仕事できたことが誇らしいです。自分の期待をはるかに超えた作品になっていると思います」と、語った。



 ライトセーバー を使ったアクションについて、ユアンは「膨大な練習をしました。ただ、二人で向かい合った時は全く時間が経っていないような感覚でした」と撮影の裏側を語ると、ヘイデンも「練習はたくさん必要でした。僕が『スター・ウォーズ』に関わる中で一番うれしいことは、ライトセーバーアクションを演じられることです」と思いを明かした。



 さらに、かつては師弟関係であった二人を演じたユアンとヘイデンにもそのような関係性があるのか、と聞かれると、ヘイデンが「ユアンのことは役者としてはもちろん、人として尊敬し続けているよ」と先に回答。ユアンは「師弟というよりかは兄弟みたいな感じかな」と、「弟だと思っていたのに」という名言(2005年公開の『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』)を彷彿させつつ、仲の良さを見せた。



 そしてイベントでは「スター・ウォーズ」ファンから募集した質問に答えるコーナーも。久しぶりにオビ=ワンを演じる上でこだわった点があるか聞かれたユアンは「役を演じるにあたって、アレック・ギネスの(1977年公開の1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で演じた)オビ=ワンを意識しています。成長して、いつか彼の演じるオビ=ワンになりたいと思っているんです」と明かした。



 アナキンとの共通点について聞かれたヘイデンは「考える前に行動するところはアナキンに似ているかなと思います」と、語った。さらに、本作をどのように描いたか聞かれたデボラ監督は「『スター・ウォーズ』の世界の中で最も伝説的な二人を深堀りできることが醍醐味だった」と答えていた。



 イベントでは、日本からのプレゼントとして、夏に必携の特製扇子が贈られた。現地で受け取ったキャストが喜ぶ中、森川が「本作が日本中で盛り上がっているので、フォースと扇子の力で夏の暑さを乗り切ってほしいと思って選びました」、ミキの昴生が「『スター・ウォーズ』は日本の文化に影響を受けているので、日本の伝統工芸品の扇子を贈りました」と伝えると、カタカナで「オビ=ワン・ケノービ」と書かれた扇子を手にユアンは「美しいです。ありがとうございます! 早速、使います。今いる場所がとても暑いんです」と、パタパタ仰ぎ出す様子も。「ダース・ベイダー」と書いてある扇子を受け取ったヘイデンは「僕のが一番いいね」と、笑顔を見せた。



 本作は『エピソード3』から10年後が舞台。オビ=ワンへの憎しみを抱くダース・ベイダー、帝国軍から追い詰められていくオビ=ワン・ケノービ。そして、オルデランから誘拐されてしまった幼きレイア。来週22日午後4時から配信される最終話(第6話)では一体どんな驚きの真実が待ち受けているのか?



 ユアンは「最終話も楽しんでください。今までの応援、本当にありがとうございました。皆さんに大きな愛を送りたいです。イベントも楽しかったです」と、日本のファンにメッセージを送り、イベントを締めくくった。
カテゴリ