高級食材のトリュフが身近に感じられるかも。ちょっと贅沢な“トリュフパン”のベーカリーが清澄白河にOPEN


ちょっと贅沢な“トリュフパン”のベーカリー「TRUFFLE & BREAD(トリュフアンドブレッド)」が誕生!



6月17日(金)東京・清澄白河にオープンしました。



 “トリュフパン”のベーカリー「TRUFFLE & BREAD」が清澄白河にOPEN



清澄白河にオープンしたベーカリー、「TRUFFLE & BREAD」の外観



清澄白河にオープンしたベーカリー、「TRUFFLE & BREAD」の内観



TRUFFLE & BREADは、1990年代からフレッシュなトリュフを輸入するトリュフの専門商社「鯉沼商会」が手がけるベーカリーです。



清澄白河にオープンしたベーカリー、「TRUFFLE & BREAD」のトリュフパン



ベーカリーに並ぶパンには、直輸入したフレッシュトリュフをたっぷりと使用!



「トリュフの魅力を知ってほしいという情熱と、これまでに培われた経験は誰にも負けません!」と語るトリュフのエキスパートが作る“トリュフパン”は見逃せませんよ。



パン×トリュフで楽しむフランス、イタリアの朝ごはん



清澄白河にオープンしたベーカリー、「TRUFFLE & BREAD」のトリュフ



日本では“高級食材”のトリュフですが、生産地のフランスやイタリアでは、自家製のトリュフバターをバゲットに付けて食べるなど、毎日の食卓に欠かせない食材なのだそう。



清澄白河にオープンしたベーカリー、「TRUFFLE & BREAD」のトリュフ



代表の鯉沼衆斉さんは、ヨーロッパのトリュフハンターの家に泊まりに行った時、朝ごはんに食べた“トリュフパン”の感動と衝撃が今でも忘れられないといいます。



鯉沼さんによるとトリュフは乳製品と相性抜群で、パン生地に練りこまれたバター、牛乳、クリーム、卵などと混ざり合い、トリュフならではの風味がより感じられるのだとか。



気になる「トリュフパン」のラインナップをチェック



TRUFFLE & BREADには、少し贅沢な休日の朝ごはんや、ご褒美タイムにぴったりのアイテムがラインナップ。



そのごく一部をご紹介します。



清澄白河にオープンしたベーカリー、「TRUFFLE & BREAD」のトリュフ シュガー



『トリュフ シュガー』は、トリュフが練り込まれたバターロール×トリュフ香るシュガーコーティング。



清澄白河にオープンしたベーカリー、「TRUFFLE & BREAD」のトリュフ カスタード



トリュフ香るカスタードクリームをブリオッシュ生地で包んだ『トリュフ カスタード』。



清澄白河にオープンしたベーカリー、「TRUFFLE & BREAD」のトリュフ クロックムッシュ



『トリュフ クロックムッシュ』は目の前でトリュフをスライスして仕上げてもらえるそうですよ。



清澄白河にオープンしたベーカリー、「TRUFFLE & BREAD」のトリュフ マリトッツォ



マリトッツォもトリュフ仕立てに。



高級なイメージのトリュフも、パンでなら気軽に楽しめそう。



味わってみたい人は、ぜひ足を運んでみてくださいね。



■TRUFFLE & BREAD

住所:東京都江東区三好2-1-6 ゴッドヴィレ101

※都営大江戸線、東京メトロ半蔵門線・清澄白河駅から徒歩5分

営業時間:10:00~18:00 ※売り切れ次第クローズ

定休日:毎週水曜日



※テイクアウト専門店です。

※完全キャッシュレス店舗のため、現金はご使用頂けません。



Instagram:@truffle_and_bread





カテゴリ