ディーン・フジオカ“最高のバディ”岩田剛典との出会いに感謝「ここまでたどり着けた」

ディーン・フジオカ“最高のバディ”岩田剛典との出会いに感謝「ここまでたどり着けた」

 俳優のディーン・フジオカと三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典、広末涼子が17日、都内で行われた映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』初日舞台あいさつに登場した。



【全身ショット】すらり美脚があらわ…ヌーディなワンピースで登場した広末涼子



 同イベントでは、バスカヴィル家の“犬”にかけ、自分のナンバー“ワン”についてトークが行われた。岩田は「この作品に出会えたこと」と語り、「名実ともにバディでもある、ディーンさんとの出会いもそう。普段は、作品が終わったらお付き合いが続くことがなくて、そんな中で(ディーンさんとは)お芝居だけではなく、音楽の世界にも精通していて、とてもリスペクトしている先輩に出会えたこともこの作品のおかげ」とディーンへの思いを明かす。



 イベントの最後には、ディーンが「僕は、仲間というものを求めてこの活動というか、生きてきて。自分が生まれたところではない国で、この業界に入って活動していたんですけど、あるとき母国に戻ってきたときに、一緒に進んで行ける仲間と出会いたいなという思いがあったことをすごい覚えている」と話し、岩田に対して「最高のバディとの出会いがあったからこそ、きょうここまでたどり着けたと改めて確信しました」と熱い想いを語った。



 本作は、世界的探偵小説『シャーロック・ホームズ』シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄と、岩田演じる若宮潤一が、名探偵バディとして難事件を解決するドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)を映画化。ホームズシリーズ『バスカヴィル家の犬』をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。



 なお、同イベントには小泉孝太郎、椎名桔平、西谷弘監督も出席した。
カテゴリ