YOSHIKI、高2ファンとサプライズ対面「オレも泣きそう」 hideさんから学んだ大切なことを伝える

YOSHIKI、高2ファンとサプライズ対面「オレも泣きそう」 hideさんから学んだ大切なことを伝える

 ロックバンド・X JAPANのリーダー・YOSHIKIが、きょう18日放送のテレビ朝日系バラエティー『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(毎週土曜 後6:56)に出演し、X JAPANをこよなく愛する高校2年生と対面する。



【番組カット】高校二年生のファンと対面し談笑するYOSHIKI



 同番組は、オトナ顔負けの知識やスゴイ才能を持つ子どもたちが、“博士ちゃん(=先生役)”として出演し、世界でひとつだけのオモシロ授業を行う。今回、「X JAPAN博士ちゃん」として、番組MCサンドウィッチマンの母校・仙台商業高校に通う、宮城県在住の佐藤うのさんが授業を行う。



 昭和歌謡に詳しく、「80年代アイドル博士ちゃん」として番組に出演したこともある彼女が、もうひとつ愛してやまない存在が、X JAPAN。中学2年のとき、YOSHIKIの出演番組を見たのを機にX JAPANにのめり込み、彼らの破天荒なエピソードを調べていくうちにそれまで内気だった性格も前向きになり、人生が変わったと打ち明ける。



 うのさんは「X JAPANって何がすごいの?世界が絶賛した激ヤバ曲」と題し、「東京ドームで演奏禁止になっちゃった激ヤバ曲」「ドラムを1分間に800回も叩いちゃう激ヤバ曲」「1曲に29分もかけちゃった激ヤバ曲」など、彼らのどこがすごいのか、なぜ世界で評価されているのかを詳細解説する。



 スタジオでは、代表曲「X」のサビに合わせてファンがジャンプする“Xジャンプ”にサンドウィッチマンと芦田愛菜が挑戦。芦田は、世界最高峰といわれるYOSHIKIの“ドラム高速ロール”にもチャレンジする。



 授業の最後には、YOSHIKIがサプライズ登場。一般のファンのためにサプライズを行うのは、今回が初という。メッセージVTRの撮影だと嘘の説明を受けていたうのさんがX JAPANへの熱い思いをカメラに語っているところに、YOSHIKIがこっそり接近。気配を感じたうのさんが振り返ると、そこには憧れのYOSHIKIの姿があった。



 「えぇ! ウソ! ウソ! ウソ!!」と飛び上がらんばかりに動揺し、「本当にありがとうございます。人生でいちばんうれしいです」とうのさんが涙する姿に、YOSHIKIも「オレも泣きそう…!」ともらい泣きしそうになる。



 うのさんはYOSHIKIに聞きたいことを直撃。超破天荒エピソードや、X JAPANの中でいちばん好きな曲について語るほか、亡き盟友・hideさんから学んだという大切なことについても打ち明ける。最後は、うのさんからの「学生時代にやっておいたほうがいいと思うことは?」という問いかけに真摯な言葉を送る。
カテゴリ