九重本舗玉澤の代表銘菓「杜のゆべし」「九重」6/16"和菓子の日”にリニューアル

九重本舗玉澤の代表銘菓「杜のゆべし」「九重」6/16"和菓子の日”にリニューアル


九重本舗玉澤は、屋号の由来ともなった玉澤の代表銘菓「ゆべし」と「九重(ここのえ)」をリニューアルし、6月16日(木)より九重本舗玉澤の店舗(本社工場直営店、藤崎店、エスパル店、全国の取り扱い店)、および公式オンラインショップにて販売をスタートした。

九重本舗玉澤


九重本舗玉澤は1675年(延宝参年)創業の東北、宮城・仙台市にある和菓子屋だ。

商号にもなっている明治時代から続く「九重」をはじめとし、全国菓子大博覧会にて最高賞を受賞した「霜ばしら」、定番商品「ゆべし」や「しおがま」など、季節や街の伝統を感じられる御菓子を用意している。

「杜のゆべし」



「杜のゆべし」は厳選された上質な餅米や胡桃を、弊舗の菓子職人が丹念に吟味して仕上げた風味豊かな餅菓子。砂糖と醤油をベースにした餅に胡桃(くるみ)がアクセントとなり、深い味わいの奥に玉澤の御菓子作りの原点が垣間見える。

価格は、単品(1個)129円(税込)。5個入が、691円(税込)、10個入1,404円(税込)、16個入2,181円(税込)、20個入2,700円(税込)。

「九重」



「九重」は、屋号の由来ともなった玉澤の代表銘菓だ。これまでの伝統を受け継ぎながら、風味と食感をより楽しめるようリニューアルする。


宮城・仙台の人には旧くから親しまれている「九重」だが、近年では彩り豊かな写真映えする菓子としても評価され、様々なアレンジで楽しませてくれる。お湯やソーダを注いで飲んだり、ハイボール・スパークリングワインといったお酒や、


アイスクリーム・ヨーグルトなどと合わせることで、九重独自の甘み・香り・食感を堪能することができる。

価格は、15g(一杯分)3本詰561円(税込)、15g(一杯分)10本詰1,836円(税込)。120g・単品756円(税込)、120g・3本詰2,430円(税込)、120g・5本詰4,050円(税込)、250g・単品1,512円(税込)、250g・3本詰4,860円(税込)。なお「九重」15g(一杯分)3本詰は、2022年秋頃より新パッケージへ順次移行を予定している。

1675年の創業以来、杜の都・仙台で347年の長きにわたって守り続けてきた老舗の伝統と革新によって創られた九重本舗玉澤ならではの味わいを楽しんでみては。

九重本舗玉澤:https://www.tamazawa.jp/index.php
カテゴリ