洗練されたデザインはまるでジュエリー。鍵を使うたびご機嫌になれる、BYOKAのキーリングはチェック済み?


ミニバッグが主流になって、荷物もどんどん少なくなってきたけれど、お出かけの際は「おうちの鍵」の携帯が欠かせません。



鍵につけるキーホルダーやキーケースは、どんなものを使っていますか?洋服や靴、バッグのおしゃれも大事だけれど、肌身離さず持つものこそ、とことんこだわり抜いたとっておきを使いたいところ。



今回は、とびきり素敵な“鍵のお供”をお探しの方にぴったりな、「BYOKA(ビョーカ)」のキーリングをご紹介します。



ハンドクラフトのジュエリーを展開する「BYOKA」って知ってる? 








2016年にスタートした「BYOKA」



シンプル、エフォートレス、タイムレスであることを大切に、デザイナーのYOKO MATSUDAさんと彫金師のMASANORI MITAさんの2人が手がけるジュエリーブランドです。



展開するアイテムの数々は、素材の持つ美しい質感を活かしながら、ひとつひとつ手作業仕上げ。



特にメインアイテムであるシルバーやゴールドのアクセサリーは、身につけた人をより素敵に輝かせる、洗練されたデザイン揃いです。華奢なものから存在感のあるものまで、幅広いバリエーションが揃っていますよ。



ブレスレットみたいな「キーリング」が素敵すぎる



3つのリングがついていて、鍵を複数つけられるBYOKAの「Key ring holder」

@t_____m419 / Instagram



そんなBYOKAは、アクセサリーだけでなくライフスタイルアイテムも魅力的なものばかり。



中でもトライアングル型が印象的な「Key ring holder」(税込4180円)は、完売と再販を何度も繰り返している、大人気のアイテムなんです。



マットに仕上げられた真鍮製のキーリングは、ジュエリーかと思ってしまうほど洗練されたデザイン。1辺が8cmほどの三角形に、3つの二重リングが付属しています。



ブレスレットのように手首にも通せる、BYOKAの「Key ring holder」

@honami02 / Instagram



しっかり大きさがあるためバッグの中でも見つかりやすく、かといって、かさばることもありません。



手首を通せるサイズ感だから、こんな風にブレスレットのように使うことも可能です。



ちょっとそこまでくらいなら、これとスマホだけ持てば十分出かけられそう。ただし、鍵の取り扱いにはくれぐれも防犯上の注意が必要ですよ。



1つ1つ異なる表情と、真鍮ならではの経年変化を楽しんで








鍵をいくつも持っているなら、これ1つにまとめちゃうもよし。おうちの鍵1つくらいしか使わないという方は、お気に入りのキーホルダーを足してカスタマイズするもよし。



3つのリングは取り外しできるので、不要な分はもちろん外して使ってもいいですね。



真鍮はくすみやすいのがたまにキズですが、そんなところも味の1つ。もちろん、シルバークロスできちんとお手入れ可能です。



さらに、すべてハンドメイドで1点1点表情が異なるというから、使ううちにますます愛着が湧いてきちゃいそうですね。



再販されるとすぐ売り切れに!SNSを欠かさずチェックして



アクセサリーブランドBYOKAの「Key ring holder」

@7stagram_ / Instagram



最近では6月14日(火)に、オンラインストアに再登場したばかり!



いつ売り切れてしまうかわからないから、早めのチェックがおすすめです。



おうちの鍵を開けるたびに気分が上がるキーリングで、日常にちょっとしたしあわせをプラスしてみては?





カテゴリ