板垣瑞生、Z世代に向けたドラマで主演「全力でバカなことをしてやろう」 ヒロインは出口夏希

板垣瑞生、Z世代に向けたドラマで主演「全力でバカなことをしてやろう」 ヒロインは出口夏希

 俳優の板垣瑞生が、8月6日からスタートする日本テレビのZドラマ第2弾『ばかやろうのキス』(毎週土曜 後2:30※関東ローカル)に主演が決定した。「Z世代に向けたエール」をコンセプトにしたドラマの第2弾となり、出口夏希、窪塚愛流、ゆうたろうらフレッシュなキャストがそろう。



【ソロカット】恋愛リアリティーショーに出演するヒロイン役の出口夏希



 Zドラマとは、ドラマの世界観をメディアや手法にとらわれず、SNS、楽曲、ライブ配信、映画、舞台など自由なカタチで描き出すドラマプロジェクト。「かじるドラマ」と名付けた短尺の縦型ショート動画コンテンツを各SNSプラットフォームで配信し、出演者によるVlogや本編ドラマを濃縮した映像を先行配信。地上波放送、TVerでは長尺の「浸るドラマ」として、より深く楽しむことができる。第1弾として今春に『卒業式に、神谷詩子がいない』が放送された。



 今作は、田舎町で暮らす3人の男子が、中学時代に転校したクラスメイト・美山李里奈が恋愛リアリティーショーに出演するというニュースを知ることから始まる、真夏の30日の冒険を描く。



 主人公の久城湊人役の板垣は「今までたくさんの主演の方々を見てきて、いろいろな主演の方がいらっしゃいましたが、僕は僕の主演を今回、全うしたいと思いました」と意気込み。同世代のキャストとの共演に、「現場とか作品を作っていけばいくほどどうなるわかからないような、もっとこの作品の先にいける可能性を感じるライブ感があるキャストの方々がそろったので、現場でどんなことが起こるんだろうって今から楽しみです。全力でバカなことをしてやろうと思ってます」と期待を込めた。



 ヒロイン・李里奈役の出口は「脚本を読ませていただいて、『やっぱり今を大切にしなきゃ!』と改めて思いました。誰だってすれ違いや後悔など経験したことがあると思います。このドラマではみんなそれぞれいろいろな想いがあって、どこか共感できる部分もあると思うので、少しでも前向きな気持ちになっていただけたらうれしいです!」と呼びかける。



 入江勇吾役の窪塚は「戦友でありライバルでもある、キャストの方々。切磋琢磨し合って、自分の俳優人生に必要な技術や演技力をインスピレーションしたいと思っている半分、やっぱりこの作品を話題作にしたいと思っているので、役を通して”心と心”が本気でぶつかり合う撮影にしたいです」と並々ならぬ思いを明かす。



 小佐田慶太役のゆうたろうは「板垣瑞生くんとは何回か共演して親しくさせて貰っているのでまた共演できてうれしいですし、他の方々も見たら年が近くて仲良くなれたらなと密かに思っています」と撮影を心待ちにしている。
カテゴリ