上白石萌歌「太陽とたわむれる夏メイク」“一点豪華主義”でいつもより大人な表情に

上白石萌歌「太陽とたわむれる夏メイク」“一点豪華主義”でいつもより大人な表情に

 俳優の上白石萌歌が、22日発売のビューティー誌『美的』8月号(小学館)のメイク企画に登場。「太陽とたわむれる夏メイク」をテーマに、いつもとは異なる表情を魅せる。



【表紙カット】横顔も美しい!美肌輝く芳根京子



 日本テレビ系『金田一少年の事件簿』、NHKテレビ小説『ちむどんどん』など、数々の話題作に出演している上白石。ナチュラルな印象だが、今回挑戦したのは、ドラマティックで大胆な“一点豪華主義”メイク。真っ赤なヴィヴィットリップやカラーマスカラ、メタリックアイライナーなど、遊びゴコロあるアイテムを取り入れ、いつもより大人な表情になる。



 容赦なく降り注ぐ真夏の太陽光は、肌のアラをさらして、繊細なメイクをかき消してしまいがち。その一方で、くっきりリップやキラキラアイメイクなど、一点豪華主義なメイクを楽しむチャンスでもある。日焼けで火照った肌や、顔に落ちる影まで計算しつくした“太陽光盛れメイク”6パターンを実践する。



 同号の大特集は「美髪と美頭皮」。高温多湿な夏、セッティングがうまくいかず悩まされがちな「髪」と、その根本である「頭皮」について、徹底的に深掘り。本誌表紙を飾る俳優の芳根京子が、中面では「人生で一番短いショート」と語るばっさりハンサムショートを披露する。
カテゴリ