ピリッと爽やかなアジアンジンジャーエールは夏にぴったり!土日限定、工房併設のお店が九段南にOPEN


東京・九段南にアジアンジンジャーエール専門店「孝芳堂(こうほうどう)」の工房兼店舗がオープン!



台湾カルチャーを取り入れたクラフトジンジャーエールが、土日限定で楽しめますよ。



アジアンジンジャーエール専門店「孝芳堂」の製造所×店舗がOPEN








6月19日(日)にオープンしたアジアンジンジャーエール専門店「孝芳堂」の工房兼店舗。



千代田区内では最も小規模な清涼飲料水の製造所で、ジンジャーエールを最高の状態で味わえるオフラインの体感型店舗なんです。



九段南、アジアンジンジャーエール専門店、孝芳堂



落ち着いた店内ではジンジャーエールを“五感を通じて”楽しむことができるそうですよ。



九段南、アジアンジンジャーエール専門店、孝芳堂「甘口ジンジャーエール」シロップ



開発に4年かけた孝芳堂のジンジャーエールは、土佐の生姜×台湾でポピュラーな「五香粉」でも使われる、スパイスをメインに作り上げた“アジアンジンジャーエール”なのだそう。



骨炭不使用の北海道産「てん菜」由来の砂糖が使われているから、ヴィーガンの人も楽しめますよ。



すっきり爽やかな「甘口」と荒ぶるショウガ感の「辛口」、どっち派?



九段南、アジアンジンジャーエール専門店、孝芳堂「甘口ジンジャーエール」



甘口ジンジャーエール』(700円)は生姜のえぐみを極力抑え、旨味を最大限引き出した気品の高い香りが特長。



すっきりと爽やかな味わいがお好みの人におすすめです。



九段南、アジアンジンジャーエール専門店、孝芳堂「辛口ジンジャーエール」



辛口ジンジャーエール』(700円)は“荒ぶる生姜感”を出すため、生姜の加工方法やスパイスの配合を研究!



スパイシーなのにフルーティーな、生姜好きも納得の味わいなのだとか。



7月登場予定のジンジャーカクテル、EC販売も楽しみ



九段南、アジアンジンジャーエール専門店、孝芳堂「甘口ジンジャーエール」



お店では7月から、アルコール、ノンアルコールのさまざまなジンジャーカクテルも登場予定。



ジンジャーエールの元となるシロップもECで順次販売される予定なので、こちらも楽しみですね。



ピリッと爽やかなジンジャーエールは、暑い夏にぴったり。



週末は孝芳堂で、少し大人の時間を過ごしてみてはいかがでしょう。



孝芳堂

住所:東京都千代田区九段南4-2-3九段木田ビル101

※市ケ谷駅A3出口徒歩3分、半蔵門駅5番出口徒歩8分、九段下駅2番出口徒歩15分

営業時間:土曜~日曜11:00~17:00

※キャッシュレス店舗のため、現金はご使用頂けません。



Instagram:@kohodo.ginger





カテゴリ