『ゆるキャン△』声優集結!月日にしみじみ「今やすっかり立派なキャンパーになりました」

『ゆるキャン△』声優集結!月日にしみじみ「今やすっかり立派なキャンパーになりました」

 キャンプブームを巻き起こしたアニメ『ゆるキャン△』のシリーズ最新作・映画『ゆるキャン△』(7月1日公開)の完成披露上映会が19日、都内で行われ、公式レポートが到着した。花守ゆみり(各務原なでしこ役)、東山奈央(志摩リン役)、原紗友里(大垣千明役)、豊崎愛生(犬山あおい役)が登壇し、『ゆるキャン△』の魅力を語り尽くした。



【写真】爽やかワンピで二の腕がチラリ!可愛すぎる『ゆるキャン△』声優たち



 登壇したキャストそれぞれによる、作品にちなんだ『キャンにちは!』の挨拶でイベントは和やかにスタート。2018年、シリーズの始まりとなるTVアニメの放送が開始し、4年という長い歴史を刻んできた『ゆるキャン△』。映画公開までの道のりについて思い出を聞かれ、花守が「4年…早いですね!当時、キャンプもしたことなかったんですけど、今やすっかり立派なキャンパーになりました。そう考えると4年って長かったね!」と、月日の流れを改めて実感する様子を見せると東山も「大きな4年間だったんだね」としみじみ。



 「TVアニメもSEASON2があったり、グッズも含めて色んな展開があったので、日々のお供に『ゆるキャン△』ってくらい、近しい存在になっていった4~5年間だったんじゃないかな。ビジュアルで大人になっていたので、ドキドキしました!」とコメント。続く原は「発表時にゆみりちゃんがこぼした涙を忘れてません(笑)映画版は遠い未来だな、と思っていたのがいよいよ形になるということにドキドキしてます」と話した。



 豊崎も『ゆるキャン△』は近しい存在になっていたといい、「プライベートでもキャンプに行くんですけど、そこで知り合ったキャンパーさんがグッズを持っていたり、特設コーナーを見かけたり、ずっと側にいてくれましたね」と日常の一部にいつも作品がいてくれたと伝えた。
カテゴリ