ブラッド・ピット主演、不運な殺し屋の最悪な120分間にサンドラ・ブロック参戦

ブラッド・ピット主演、不運な殺し屋の最悪な120分間にサンドラ・ブロック参戦

 伊坂幸太郎の小説「マリアビートル」を、ブラッド・ピット主演で、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督が映画化した『ブレット・トレイン』(9月1日公開)の最新予告映像が解禁された。ブラピが演じる“世界で最も運の悪い殺し屋”レディバグの人生最悪な120分間、その“最悪ぶり”が加速していく超絶アクションシーンが満載。彼に指令を出す、謎の女性マリアとして、サンドラ・ブロックが登場する。



【動画】ブラッド・ピット主演映画最新予告



 予告編の冒頭で、久しぶりに仕事復帰した殺し屋レディバグ(ブラッド・ピット)は、ブリーフケースを奪うようマリア(サンドラ・ブロック)から電話越しに指令を受ける。彼のコードネームである<レディバグ>は、幸運を運んでくると言われる「てんとう虫」を意味するが、彼のまわりではいつも無関係な誰かが死んでしまい、運の悪さは伝説級だった。



 今回は復帰にふさわしい簡単な仕事。レディバグは気合たっぷりに<東京発・京都行>の超高速列車に乗り込み、早速お目当てのスーツケースを見つけるが、品川駅で降りようとするレディバグに、突如、強い復讐心に燃えたメキシコNo.1の殺し屋ウルフ(バッド・バニー)が襲い掛かる。身に覚えのないレディバグは、なぜ自分が狙われるのかが全く分からない。



 さらに、腕利きの殺し屋コンビ、タンジェリン(アーロン・テイラー=ジョンソン)&レモン(ブライアン・タイリー・ヘンリー)や、乗務員に扮した毒使いの暗殺者ホーネット(ザジー・ビーツ)、「計画通り」と不気味にほほ笑む謎の女子学生プリンス(ジョーイ・キング)、息子を人質に取られた元殺し屋キムラ(アンドリュー・小路)、「運命」を語る剣の達人エルダー(真田広之)など、キャラ濃すぎの殺し屋たちに次々と狙われていく。さらに京都では、世界最大の犯罪組織を率いる冷酷非道なホワイト・デスが待ち受けていた――。



 終着点・京都に向けて<スピード>も<最悪>も加速し、時速350キロの超高速列車は弾丸列車と化す。爆走の末、コントロールを失った列車からは炎が…、そして衝突、脱線――。降りたくても一向に降りられないレディバグの、人生最悪の120分はどのような結末を迎えるのか? 手に汗にぎるアクション満載の本作に、期待が高まる。

カテゴリ