KANA、初の『K-1』女子大会メインで気合「また見たいと思われるような試合を」

KANA、初の『K-1』女子大会メインで気合「また見たいと思われるような試合を」

 K-1初となる女子大会『K-1 WORLD GP JAPAN RING OF VENUS』(25日、東京・国立代々木競技場第二体育館)の前日計量と会見が24日、都内で行われた。メインイベントの女子フライ級タイトルマッチで、スーリ・マンフレディの挑戦を受ける王者のKANAは「しっかり、この日に向けて、ばっちり調整ができました。明日はベルトとの勝負ですし、世間とも勝負。全てにおいて勝負の日。しっかり勝ちに行きます」とやる気をみなぎらせた。



【動画】KANA、『K-1』公開計量で気合「100%KOで倒します」



 “世間とも勝負”の真意を問われたKANAは「代々木という大きな会場で女子の試合だけで20カードぐらい組まれている。明日がK-1女子大会の最後かもしれない。その全てを背負って」とメインイベンターとしての覚悟を語る。「『K-1 RING OF VENUS』を見てよかった、また見たいと思われるような試合をしていきたい」と気合十分だった。



 対するマンフレディは「初めての女性のためのK-1の大会に出場できること、その大会の中でタイトルマッチをやらせていただけることをうれしく思います。KANAさんはチャンピオン。私も違う団体でのチャンピオン。明日はチャンピオンとチャンピオンの試合で、面白い試合になると思います」と静かに闘志を燃やす。



 中村拓己プロデューサーは「初の女子だけの大会を、我々K-1旗揚げの場所でもある国立代々木競技場第二体育館で、いよいよあす開催します。一部、計量をオーバーした選手もいますけど、ほぼほぼしっかりクリアしてくれた。いよいよあすの大会を待つだけになりました」と感慨。「女子の立ち技の格闘技のイベントで、代々木第二の規模でやるのか過去最大級だと思っています。選手たちは、今のK-1が、どんなものなのかを全力で見せてくれると思う」と期待していた。



■『K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS~』対戦カード

・プレリミナリーファイト第1試合/K-1女子ミニマム級/2分3R

乃亜 vs 夢空

・プレリミナリーファイト第2試合/K-1女子アトム級/2分3R

AIKO vs 吉崎生

・プレリミナリーファイト第3試合/K-1女子アトム級/2分3R

Kiho vs 谷田美穂



【本戦】

・第1試合/K-1女子フライ級/3分3R.延長1

RAN vs TOODY NAOMI

・第2試合女子-55kg契約/3分3R・延長1R

上野 hippo 宣子 vs Yuka☆

・第3試合/K-1女子ミニマム級/3分3R・延長1R

C-ZUKA vs 真美

・第4試合/K-1女子ミニマム級/3分3R・延長1R

ケイト・ウィラサクレック vs KAI

・5試合/K-1 WORLD GP 初代アトム級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R

チャン・リー vs 紗依茄

・第6試合/K-1 WORLD GP 初代アトム級王座決定トーナメント一回戦(1)/3分3R・延長1R

MIO vs パヤーフォン・アユタヤファイトジム

・第7試合/K-1 WORLD GP 初代アトム級王座決定トーナメント一回戦(2)/3分3R・延長1R

菅原美優 vs 松谷綺



【休憩】



第8試合/K-1女子アトム級/3分3R・延長1R

森川侑凜 vs 奥脇奈々

・第9試合/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R

池内紀子 vs ARINA

・第10試合/K-1女子ミニマム級/3分3R・長1R

MOE vs MARI

・第11試合/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R

櫻井梨華子 vs 鈴木万李弥

・第12試合/ K-1女子フライ級/3分3R・延長1R

真優 vs 芳美



【休憩】



・第13試合/日本 vs 世界・3?3/女子アトム級/3分3R・延長1R

山田真子 vs マリーヌ・ビゲイ

・第14試合/日本 vs 世界・3?3/女ミニムマ級/3分3R・延長1R

高梨 knuckle 美穂 vs エリヴァン・バルト

・第15試合/日本 vs 世界・3?3/女子-53kg契約/3分3R・延長1R

☆SAHO☆ vs ジァシンタ・オースティン

・第16合/K-1 WORLD GP 初代アトム級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R

一回戦(1)勝者 vs 一回戦(2)勝者

・第17試合/K-1 WORLD GP女子フライ級タイトルマッチ/3分3R・延長1R

(王者)KANA vs スーリ・マンフレディ(挑戦者)

カテゴリ