6月24日が「ムロツヨシの日」に まさかのサプライズに目が点…ムロ「スゴいプレゼントだ!」

6月24日が「ムロツヨシの日」に まさかのサプライズに目が点…ムロ「スゴいプレゼントだ!」

 俳優のムロツヨシ(46)が24日、都内で行われた映画『神は見返りを求める』の公開初日舞台あいさつに参加。6月24日が日本記念日協会から「ムロツヨシの日」と認定されるというサプライズがムロに行われた。



【写真】「記念登録証」を両手ににっこり笑顔のムロツヨシ&岸井つきの



 以前から語呂合わせで6月24日を「ムロツヨシの日」と呼んでいたムロは冒頭で「ムロツヨシの日でございます。そんな日に初日を迎えられて感激。皆さま、カタカナ5文字の『ムロツヨシ』でございます」と知らず知らずのうちにあいさつし、笑わせていた。



 そんな中で、まさかの正式に認定されたことが発表され、目が点で「スゴいプレゼントだ!」と驚き。「こんなプレゼントあるんですね。びっくり。ありがとうございます!」と大感激だった。



何度も認定証を見返すと幸せそうに笑顔を見せ「この行動をした人はステキなおバカさんだなと思う。『ムロ喜ぶからやろうぜ』って。これは喜ぶよ!」と笑顔は止まらず「来年も、またみんなで集まろうよ!」とファンに呼びかけていた。



 主人公・イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)は、合コンでYouTuber・ゆりちゃんこと川合優里(岸井ゆきの)に出会う。田母神は、再生回数に悩む彼女を不憫(ふびん)に思い、まるで「神」かのように見返りを求めず、ゆりちゃんのYouTubeチャンネルを手伝うようになる。二人は、人気がでないながらも、力を合わせて前向きに頑張り、お互い良きパートナーになっていくが…あることをきっかけに、二人の関係が豹変(ひょうへん)するストーリー。



 この日は、岸井ゆきの、吉田恵輔監督も参加した。
カテゴリ