『ドラゴンボール超』新作映画の本編冒頭映像が公開で反響 キャラ続々登場…迫力の5分間に「最高!」「テンポが良すぎる」

『ドラゴンボール超』新作映画の本編冒頭映像が公開で反響 キャラ続々登場…迫力の5分間に「最高!」「テンポが良すぎる」

 6月11日に公開された映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の本編冒頭映像(5分間)が、「東映公式YouTubeチャンネル」にてプレミア公開された。



【動画】マジかよ…セルも登場!迫力の公開された『DB超』新作映画の本編5分映像



 ドラゴンボールのファンはもちろんのこと、“レッドリボン軍”をよく知らない、覚えていない、という人でも、この冒頭映像を観ることで、より本作を楽しむことができる内容になっている。



 これにファンは「回想シーンだけでもお腹いっぱいになるくらい力入れててすごい」「冒頭の振り返りのテンポが良すぎる」「たまらん!」「ドラゴンボール、最高!」などと反応している。



■映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』あらすじ

 かつて、孫悟空により壊滅した悪の組織<レッドリボン軍>。その意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生みだした。彼らは自らを「スーパーヒーロー」と名乗り、ピッコロ、悟飯らを襲い始め…。<新生レッドリボン軍>の目的とは?迫りくる危機を前に、今こそ目覚めよ!スーパーヒーロー!!

カテゴリ